広告マーケティングの専門メディア

           

米メディアを囲むトレンド

『作られた』ヒットドラマ、成功の秘密はビッグ・データ

津山恵子(ニューヨーク在住ジャーナリスト)

103_01.jpg

筆者も夢中になったネットフリックスの「ハウス・オブ・カーズ」。

「今度のドラマは絶対にヒットします」とテレビ局の人が公言したら、気味が悪いだろう。しかし、米国ではそれが起きてしまった。

「ハウス・オブ・カーズ(House of Cards)」(邦題「ハウス・オブ・カード 野望の階段」)という政治サスペンスドラマで、実は制作はテレビ局ではない。ネットフリックス(NetFlix)というオンラインビデオ大手で、創業17年のベンチャー企業だ。ネットフリックスは、公言こそしなかったが、同ドラマが大ヒットすることを計算済みで、巨額の費用を制作者らに渡した。

同社は、昨年2月と今年2月、シーズン「1」と「2」を13話ずつ、一気にオンラインで公開した。ネットフリックスは、月額7.99ドルで、映画とテレビ番組がいくらでも見られるサービスで、会員は世界に4040万人。シーズン2が公開され、同ドラマは、英語圏で最も視聴されているオンラインドラマとなった。

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

米メディアを囲むトレンド の記事一覧

『作られた』ヒットドラマ、成功の秘密はビッグ・データ(この記事です)
「紙」の呪縛を解かれたニューヨーク・タイムズ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する