広告マーケティングの専門メディア

広告・メディア界の礎を築いた人々

演劇界に多大な功績を残した、白井松次郎・大谷竹次郎

岡田芳郎

広告費の削減や人々のマスメディア離れが言われはじめて久しいが、それでもなお今日の日本において広告・メディアの力はその強さを持ち続けている。その力は、先人たちから脈々と受け継がれてきた精神、そして技術を発展させることによって成り立っているにほかならない。先人たちの優れた功績を見つめ直し、原点に立ち返ることで、広告・メディア界の現在、そして今後を考える。

松竹の創業者

白井松次郎(1877(明治10)年12月13日~1951(昭和26)年1月23日)と大谷竹次郎(1877(明治10)年12月13日~1969(昭和44)年12月29日)は双生児の兄弟であり、松竹の創業者である。

生まれた日が12月13日で「事始め」の縁起のいい日であり、松飾りにちなんで目出度い名前が付けられた。後に会社を興した時つけた「松竹」という社名は二人の名前から一字ずつ取った。二人は仲のいい兄弟で、芝居好き。生涯助け合い、励まし合って成長した。

父・大谷栄吉は相撲の興行師、母・しもは相撲の水場(売店)で働いていた。そういう環境の下に二人は育った。1895(明治28)年、18歳のとき父・栄吉が京都新京極阪井座の金主(共同出資者)の一人になった。この年を松竹創業の年とし、京都新京極が松竹発祥の地となったのである。

新京極について竹次郎は次のように記している。「大阪の千日前が、墓地であり、刑場であったのを、明治3年に廃止して、その跡を新歓楽地帯としたように、新京極も、寺の境内を切り取って、新しい盛り場をつくったわけであるが、新京極の方は、遠い昔から因幡薬師の芝居とか、和泉式部の芝居とか、いわゆる宮地芝居があって、四条以外の芝居どころとして知られていた」。

あと88%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告・メディア界の礎を築いた人々 の記事一覧

演劇界に多大な功績を残した、白井松次郎・大谷竹次郎(この記事です)
日本映画の黄金時代を築いた、牧野省三・マキノ雅弘
言文一致体を確立した文豪、二葉亭四迷と夏目漱石
名コピーを生む小説家、開高健・山口瞳
テレビ誕生から放送評論を続けた、志賀信夫
ドラマを愛した「真の作家」、山田太一・倉本 聰

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する