広告マーケティングの専門メディア

企業コミュニケーションの理想像

オンライン家計簿「Zaim」に見る、ユーザーとサービスの関係

閑歳孝子(Zaim 代表取締役)

040_01.jpg

2月27日には、銀行口座の入出金記録やクレジットカードの利用記録を自動取得し、「Zaim」上で簡単に閲覧できる機能を無料で公開した。3万件を超える利用者からの要望の中から実現した機能だ。

アプリを介した夫婦・親子のつながり

スマートフォンやPCで使えるオンライン家計簿「Zaim」を立ち上げたのは2011年のことです。ありがたいことに、3年を待たず100万ダウンロードを突破することができました。

「オンライン家計簿」をつくったのは、人にとって根源的なテーマを扱えるものがいいと考えたからです。自分が当事者として長く寄り添える対象でないと、すぐに飽きてしまいそうで。お金って人間活動になくてはならないものなので、ちょうどよかったんです。

もうひとつは、ITベンチャーで企業向けアクセス解析ツールに携わっていたキャリアを生かしたかったからという理由もあります。家計簿とアクセス解析ツールは、とても似ていて。家計簿はその人の暮らしが数字として反映されるので、「個人向けの解析ツール」という見方ができます。家計簿をつくることが、そのときのスキルセットや培ってきた考え方に対して、ちょうどいい大きさの課題でした。

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業コミュニケーションの理想像 の記事一覧

「資生堂らしさ」はどこへ行く?
オンライン家計簿「Zaim」に見る、ユーザーとサービスの関係(この記事です)
リコー「THETA」で新機軸、映像体験を通じて消費者と共進化
増える単身世帯、マーケティングへの影響とは?
僕らは「何をすべきか」 時代の文脈に沿うビジョンを
テレビCMへのクレーム多発!広告表現の危機を考える
映画監督・大友啓史さん「意志、願い、覚悟――未来に映像が担うもの」
最大のコミュニケーションは常に「最深」から
トヨタが「TOYOTOWN」というフレームを生み出した理由
加速する「共創」時代、クリエイターへのガイド
つながりっぱなしの世界
企業の「データ分析」に対する誤解とは?
これから起きること。これから起こさねばならないこと。
宣伝担当者は、企業の「センターマン」であれ。
人は「買う」だけの生き物?
新しい買い物体験を作る、セブン&アイのオムニチャネル戦略とは?
広告の「枠組み」を壊す存在は

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する