広告マーケティングの専門メディア

現代 宣伝・広告の実務

ブランド戦略実践のために 4つの特殊性とモデル

石田茂(電通)

ブランド戦略の実践では、企業にとってのブランドという資源の特殊性の理解が前提となる。ブランドの特殊性を4つの観点から整理し、そのマネジメントの手法を解説する。

2002年、私が一橋大学大学院国際企業戦略研究科(ICS)の阿久津聡教授との共著により『ブランド戦略シナリオ ─コンテクスト・ブランディング─』を著してから、早10年余り。その間、さまざまなブランド戦略の実務に関わらせていただいた。

ここでは、そのような経験を踏まえた実務者の視点から、2014年現在におけるブランド戦略の状況、方向性などについてまとめてみたい。

90年代初頭に理論化され、日本でも広く普及・浸透

ブランド戦略が重要であるという認識は、いまや広く常識となっている。かつてはクライアントに対し、まず「ブランド戦略とは何か。それが今後いかに重要になるか」を説くところからのスタートであったが、現在は誰もがその概念を理解している状況で、隔世の感がある。ブランド戦略が、マーケティング戦略と同様、企業に欠かせないものとして、広く共有・活用されていることの証だろう。

あと90%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

現代 宣伝・広告の実務 の記事一覧

ブランド戦略実践のために 4つの特殊性とモデル(この記事です)
「説明責任」必要な広告予算、いかにマネジメントするか?
基本からわかる!広告活動の効果測定と検証ノウハウ
マーケティング活動にどう活かす?PR発想の体質づくり
広告・宣伝担当者が知るべき「PRの基礎と目的」
オウンドメディアで「必然に出逢った」ユーザーを顧客化する方法
Web仙人・増井達巳さん「企業に統合型Webマスターが必要な理由」
進化するマーケティングの統計モデリングを理解するには?
基本からわかる、「DMP」運用のための3ステップ
ラストクリック偏重の功罪。「広告効果の可視化」による波紋を考える
Hanako、Martの企業タイアップに見る、共感を作る「編集長の力」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する