広告マーケティングの専門メディア

私が選ぶ注目企業アプリ

「みみみみみ!」デタラメだけど心地いい アイスの実アプリ

江崎グリコ「アイスの実」

「み」
江崎グリコ アイスの実

2013年7月にオンエアされた「アイスの実」のテレビCM「み」篇。そのCMキャラクターを務めたきゃりーぱみゅぱみゅが、ユーザーの喋った言葉を「み」に翻訳するアプリ。録画しながら翻訳したり、デバイス中に保存してある動画を翻訳することもできる。

リリース日
2013年7月1日

対応デバイス
OS 6.1 以降(iPhone、iPad、iPod touch対応)

テレビCMできゃりーぱみゅぱみゅが「みみみみ」と歌っていましたが、その「アイスの実」の公式アプリです。大きくは2つの遊び方があって、ひとつはiPhoneのマイクに向かって喋ると、それをきゃりーが「み」に翻訳してくれます。翻訳といっても、みみみみ言うだけで精度もでたらめな感じですが、そこがむしろ潔いです(きゃりーだから許せるというのもあり)。

もうひとつは8つのボタンが鍵盤のように並んでいて(ドレミファソラシドになっている)、押せばきゃりーが音階に合わせて「み~」と歌う。試しにCMで歌っているメロディを弾いてみようとするんだけど、あのメロディは「ソソファソ、ソファソラ#ソ、シ#ラ#シ#ラ#ソファソラ#ソ」。つまり用意されたボタンでは半音がないので鳴らせない。え~~っ!そんなバカな。実は隠し機能みたいなものがあって、ボタンを押しながら指を上に滑らせるとピッチベンドがかかり、ちゃんと歌えるようになります。ギターのチョーキングのような気持ち良さを感じて、しばらく時間を忘れて色々と歌わせちゃいました。なんなんだこれ。

アプリ、これくらいで程良い気がするんですよね。広告的な押しつけはなく、生活に密着してくるような暑苦しさもない。役に立とうなんて気はさらさらない。なんで「み」で翻訳?だからどうなの?という疑問に理屈をこねるわけでもなく、その突き放した感じはユーザーとの間に、そして企業とアプリの間に、心地良い距離感を保ってくれる。...なんて、やや褒め過ぎたけれど、そうしたところにその企業の余裕、器のデカさみたいなものを感じるし、「好感」につながっていくのではないでしょうか。

翻訳のほか、フリートーク機能も搭載。音階に対応した8つのボタンを押すと、きゃりーぱみゅぱみゅが「み」で自由に喋る。

qubibi アートディレクター/インタラクティブデザイナー
勅使河原一雅氏(てしがわら・かずまさ)

D&ADやカンヌ広告祭、メディア芸術祭など国内外にて多数受賞。最新作はDRIFTER (Taste of NURO DEVILMAN)。NURO DEVILMAN WEBサイトにて公開中。
http://qubibi.org

私が選ぶ注目企業アプリ の記事一覧

「みみみみみ!」デタラメだけど心地いい アイスの実アプリ(この記事です)
ベルギーで開発された「墓場で老婆を歩かせる」ゲームアプリ
シンガポールで使えるガイドブックアプリ「ハローアジア電話帳」
シンガポールでタクシー配車アプリ「Taxi Booking」が人気
旅先で自分好みの駅弁を買うためのアプリ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する