広告マーケティングの専門メディア

シェアしたくなる「コンテンツ」のつくりかた

ヤマハ発動機、フォト紙芝居でモーターショーの来場者数に成果あり

ヤマハ発動機

18枚の写真と文字で構成

90_01.jpg

関西出身、しかも趣味で漫才をしており、M-1グランプリにも出場したことがある常本さんが手掛けた、「『三輪車男』こと、俺の話を聞いてくれ。」から。

ヤマハ発動機では2013年11月22日からの「東京モーターショー」に出展するタイミングに合わせて、特設サイトに「『三輪車男』こと、俺の話を聞いてくれ。」というコンテンツを公開した。ヤマハの社内で企画を考え、絵コンテを描き、撮影からコピーライティングまでWEB制作会社の協力を得ながら、広告会社を通さず、ほぼすべて自社内で制作している。

具体的には、18枚の写真と文字を使ったシンプルな構成になっており、大人になっても三輪車に乗り続ける主人公の人生と、父親との絆を描きつつ、ヤマハの三輪バイク「TRICITY」の魅力が盛り込まれている。

担当した同社広報宣伝部・常本雄介さんは企画の狙いについて、「二輪車ユーザーは高齢化が進んでいて、四輪車以上に若者離れが深刻。いかに若いユーザーとの接点をつくるかが課題になっている。そこで、普段のヤマハのイメージとギャップのあるユニークなコンテンツで、新規ユーザーとの接点をつくり、最終的には「東京モーターショー」への集客に貢献することを目的に今回のコンテンツを制作しました」と説明する。

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

シェアしたくなる「コンテンツ」のつくりかた の記事一覧

グローバル企業が取り組む、コンテンツ・マーケティング
「ストーリー消費」だけでは終わらない。広告はどこへ向かうのか?
成功するコンテンツは内製?外注?広告主が悩む体制づくり
ヤマハ発動機、フォト紙芝居でモーターショーの来場者数に成果あり(この記事です)
「恋チュン」現象に学ぶ!コンテンツのシェアを最大化させる方法

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する