広告マーケティングの専門メディア

シェアしたくなる「コンテンツ」のつくりかた

「恋チュン」現象に学ぶ!コンテンツのシェアを最大化させる方法

吉田就彦(ヒットコンテンツ研究所)

コンテンツを活性化させるユーザーのモチベーション、そして成功するコンテンツの要件とは?レコード会社やネットベンチャーを経て、コンテンツ・アナリストとして活動する吉田就彦氏が解説します。

「恋チュン」現象の革新性とは


恋するフォーチュンクッキー 神奈川県 Ver. / AKB48[公式]

企業や自治体がスタッフを総動員し、AKB48の楽曲「恋するフォーチュンクッキー」のダンスを踊る。さらにその動画をYouTubeなどに公開する「恋チュン」現象が2013年後半、巷の話題を席巻した。改めて振り返ると、このブームは日本のマーケティング史に残る出来事と言っても過言ではないくらい、画期的な現象だったのではないだろうか。

最もエポックメイキングなのは、「(自分たちは)広告展開できない」「プロモーションしづらい」と思い込んでいた立場の人々に「あ、こういう広告もアリなんだね」と気づかせてくれたことだろう。その筆頭が、地方自治体など公共団体である。

あと89%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

シェアしたくなる「コンテンツ」のつくりかた の記事一覧

グローバル企業が取り組む、コンテンツ・マーケティング
「ストーリー消費」だけでは終わらない。広告はどこへ向かうのか?
成功するコンテンツは内製?外注?広告主が悩む体制づくり
ヤマハ発動機、フォト紙芝居でモーターショーの来場者数に成果あり
「恋チュン」現象に学ぶ!コンテンツのシェアを最大化させる方法(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する