広告マーケティングの専門メディア

PICK UP

Google Analyticsの時短術

PLAN-B 馬谷達也

効果的なWEB戦略の策定・実行において、アクセス解析は欠かせない。しかし、抽出した数値をどう読み解き、次なるアクションにどうつなげれば良いかが分からないという担当者の声も少なくない。ここでは、そうした現場の悩みを解決するサービスを紹介する。

WEB解析において最も重要なのは、UUやPV、直帰率といったさまざまな数値に一喜一憂するのではなく、それらの数値が「売上にどれだけつながっているか」を読み解き、次なるアクションへと結び付けること。とは言え、それには専門知識や経験が必要とされる部分も多く、企業の担当者の方が一朝一夕に身に付けるのは難しいのも実情です。こうした状況を受け、売上向上のために必要な数値だけを抽出したWEB解析レポート「MARS(マーズ)」の提供を開始しました。

MARSはマクロ・ミクロの2つのレポートに分かれており、前者は複数のネット広告の解析データを統合し、最重要指標に絞ってA3用紙1枚に集約するもので、自社のWEB戦略全体の状況が一目で把握できるのが特徴です。現場担当者間での情報共有に加え、会社への提出用書類としても活用できます。後者は、Google Analyticsで抽出できる膨大なデータの中から、サイトの集客効果向上のために必要な指標だけを20~30ページでまとめるもので、より詳細な運用状況を把握できます。アクセス解析の中でも、当社では、仮説を立てて、その成否をデータによって確かめる「仮説検証型」を推奨しています。仮説の検証・評価にはGoogle Analyticsなどの解析ツールが有効ですが、仮説の発見にはアイトラッキング(ユーザーテスト)が有効ですので、補完ツールとして採用し、仮説の精度を高めています。

売上目標に対するWEB施策の貢献度を正しく把握し、具体的な改善につなげる。そのきっかけとして、このレポートを活用いただきたいです。

馬谷達也

馬谷達也氏

PLAN-B パフォーマンスマネジメント 事業部 チーフコンサルタント
立命館大学情報理工学部卒業後、医療法人にて広告責任者を務めたのち、PLAN-B入社。営業部、マーケティング事業部マネージャーを経て現職。大手メーカーから中小企業まで、幅広くWEBコンサルティングを手掛ける。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する