広告マーケティングの専門メディア

オリンピックとマーケティング

新種目にも期待高まる、2020年の人気アスリートは?

「アスリートイメージ評価調査」イメージ総合ランキング

人気の秘訣は、"息の長い"活躍?

    〈調査概要〉

  • 方法:WEB
  • 地区: 首都圏+京阪神圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)
  • 対象者:対象エリアに在住の15~69歳の男女
  • 有効回収サンプル数:600サンプル
  • 期間:2013年12月4~10日

「見る」オリンピックの魅力は、それぞれの国の国民の期待を背負いながら、全身全霊で競技に取り組み、テレビの前で、あるいは競技会場で、その様子を見つめる人々の心を熱くさせるアスリートの存在なしに語ることはできない。五輪直前にはオフィシャルパートナー各社が、アスリートを起用したテレビCMなど大々的な広告キャンペーンを展開する。そこに登場するのは、数々のアスリートのなかでも、ひときわ秀逸な成績を収めた人、あるいはその快活さや懸命さ、リーダーシップなど人格やキャラクターが高く支持される人たちだ。タレントと異なり、当然ながらアスリートは実績を収めなければ世に出ることはない。だからこそ彼らが与える本物感、信頼感は広告キャラクターとしての魅力にもつながっている。

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オリンピックとマーケティング の記事一覧

新種目にも期待高まる、2020年の人気アスリートは?(この記事です)
五輪を「見る」楽しさは進化する!放送技術の2020年予測
「今こそデザインの総力を結集」デザイナー20人が語る、2020年東京オリンピック
ロンドン五輪公式エージェンシーが語る「五輪と健康増進」の関係とは?
ビッグデータを扱う「デジタルアナリティクス」専門チームをつくる方法
問題のデパート「日本」、オリンピックを呼ぶ。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する