広告マーケティングの専門メディア

NY発 企業&エージェンシーレポート

アメックス「Small Business Saturday」に見る、データ主導のマーケティング活動とは?

American Express

ツアーでは広告主企業のマーケティング活動の実態を把握すべく、クレジットカード企業大手のAmerican Express社を視察。「Small Business Saturday」に携わった、同社のPRディレクターを訪ねた。


Small Business Saturday Nov 30: Coffee and Community

活動の基盤はリサーチにあり 市場データが企業に蓄積

American Express社では2010年からコーズマーケティング活動として、「Small Business Saturday」に取り組んできた。これはスモールビジネス(中小や自営の小売店)での買い物を促し、地域の活性化への貢献を目的とするもの。

加盟店手数料を収益源とするクレジットカード会社にとって、スモールビジネスは重要な市場の一つでもある。同社では「American Express Open」と呼ばれる専門部署を設置。10年来スモールビジネスのトレンド調査や、事業支援の検討を重ねてきた。

本事例のコアアイデアは、そうした積み重ねの上で、社内外の部門横断型チームによる会議から生まれたという。

同時にAmerican Express社では、生活者への意識調査や商店主へのヒアリングから、キャンペーンの成果を継続的に計測している。2012年は1日でスモールビジネスの売上が55億ドル(5500億円)に及んだと算出。これはブラックフライデーにおける、全国チェーン売上の20%に匹敵する。

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

NY発 企業&エージェンシーレポート の記事一覧

米大手広告主に見る、トレーディングデスク内製化の動き
リッチメディアの普及と共に進化、米広告主のクリエイティブ
圧倒的なデータ量で実現、米国の広告取引は枠から「人」へ
米国のクリエイターは今、生活者の分析データの供給を期待している
アメックス「Small Business Saturday」に見る、データ主導のマーケティング活動とは?(この記事です)
データサイエンティストとマーケターが協働するコツ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する