広告マーケティングの専門メディア

NY発 企業&エージェンシーレポート

データサイエンティストとマーケターが協働するコツ

Ogilvy One ディミトリ・マークス

データドリブンマーケティングが主流となりつつある米国では、広告会社の取り組みも進んでいる。ツアーでは社内にデータサイエンティストを抱える大手エージェンシーのOgilvyOneを訪問。取り組み事例・組織体制をレポートする。

サイエンティストとマーケターが協働するコツ
―Ogilvy One

073_01.jpg

解説するディミトリ・マークス氏。氏の著書の翻訳版は日本でも、ヒットした。

データ分析・運用体制を整えるにあたり、悩ましいのは人材の確保だ。「最も人材を獲得しづらいのはアナリストです」と、『Sexy little numbers(邦題:データサイエンティストに学ぶ「分析力」)』の著者である、オグルヴィ・ワン・ワールドワイド・NY(以下OgilvyOne)マネージング・ディレクターのディミトリ・マークス氏も語る。

しかもアナリストは、幅広い領域で必要とされる。氏によれば、その領域は「(1)事業計画(予算配分計画やシナリオ作成)、(2)デジタル媒体分析(出稿計画や行動ターゲティング)、(3)計量経済学モデル(効果測定、マーケティングミックス)、(4)ソーシャル分析(傾聴と解析)、(5)測定とレポーティング(計測計画、ダッシュボード開発)、(6)WEB分析(テストや最適化)、(7)ターゲティング(セグメンテーション)、(8)定量調査(質問策定、測定)」と多岐にわたる。

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

NY発 企業&エージェンシーレポート の記事一覧

米大手広告主に見る、トレーディングデスク内製化の動き
リッチメディアの普及と共に進化、米広告主のクリエイティブ
圧倒的なデータ量で実現、米国の広告取引は枠から「人」へ
米国のクリエイターは今、生活者の分析データの供給を期待している
アメックス「Small Business Saturday」に見る、データ主導のマーケティング活動とは?
データサイエンティストとマーケターが協働するコツ(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する