広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

韓国ソウルのOOH事情

アウトドア(吉田勝広)

121_01.jpg

カンヌライオンズでグランプリを獲った「ホームプラス」のバーチャルショップ広告。売上は順調なようだ。

話題のバーチャルショップは健在

日本鉄道広告協会の委員として、10月に韓国のOOH広告を視察した。その現状を紹介する。まず、2011年のカンヌライオンズで韓国初のグランプリを獲った「ホームプラス」の地下鉄でのバーチャルショップ広告。その後、受賞を狙ったワンタイムキャンペーンではないかという議論もあったようだが、見ることができた。韓国での報道によると、一日平均6万2000人が利用し、2013年1~7月までの売上高は193億ウォンで、前年同期比200%だという(出典:biznmedia.com)。このビジネスモデルは、英国の親会社テスコも実施するまでになり、韓国の先進的なIT技術を取り入れた革新的な流通業態と絶賛された。ただし、その後同様な展開を実施する企業が出たが、効果が出なかった例もあるようだ。

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

開始9年で7000人以上が受験した、プロモーショナル・マーケター資格試験
放送と通信が融合したら、放送の立ち位置はどうなる?
優れたマーケティング論文を表彰する「ベストペーパー賞」発表
前年の2倍、300人以上が受験した「スポーツイベント検定」とは?
日経が英文媒体を創刊、電子サービスに新たな動き
韓国ソウルのOOH事情(この記事です)
セールス環境は厳しい?W杯日本戦、放送試合が決定
マーケティング戦略のグローバル・トレンド
ソチ五輪本番に向けて、NHK・民放ともにネット展開も強化
国際イベントに企業活動を加え、日本で開催する「理由」を強化
夢の対決「リアル美味しんぼ」など、新聞の特徴を活かしたコラボが多発
多様なデジタルサイネージ体験で広がる、グランフロント大阪のPR戦略
クラウドゲームがテレビにもたらす変化とは?
OOHメディアでTシャツを着用できるAR体験
2020年に向けて、国際化が進む日本のイベント業界
プロモーションに特化した、日本唯一の論文集が発刊に
活発化する「ハイブリッドキャスト」、広告ツールとしての展望は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する