広告マーケティングの専門メディア

地域の注目企業の広告戦略

家庭のマッサージチェア普及率、7割以上を目標に

ファミリーイナダ(大阪市)

奥田瑛二さん出演のマッサージチェア「ダブル・エンジン」のCM。

「気持ちよさ」を体感してもらう

ファミリーイナダは大阪市に本社を置くマッサージチェアメーカーである。同社の前身はマッサージ器の部品を製作する下請企業だったが、1962年に自動マッサージ器「ファミリー・チェア」を開発してメーカーに転身、2013年3月に創業50周年を迎えた。

創業当時、マッサージチェアといえば銭湯や温泉旅館などに置いてある業務用が主流だったが、30年前から徐々に一般家庭にも普及しはじめ、現在は家庭用が90%以上を占めるまでになった。マッサージチェア市場は海外へも拡大しており、ファミリーイナダは現在100カ国以上に進出。収入の約35%を輸出が占めている。特に最近では中国、香港、台湾、韓国といったアジア諸国と、アメリカが好調に伸びている。

近年、マッサージチェアの販売方法は多様化して、家電量販店だけでなく、スーパーやホームセンターなどでも販売されるようになった。また、テレビショッピングやカタログ通信販売による売上も大きな割合を占めるようになってきた。ファミリーイナダ代表取締役社長の稲田二千武氏は「認知され定着しているが、マッサージチェアの本当の普及はまだ先である」と話す。現在、日本におけるマッサージチェアの普及率は全世帯の20%前後。稲田氏の目標は普及率70~80%で、マッサージチェアがテレビのような一般家電として家庭に溶け込む日が来ることを目指している。

しかし、その達成にはさまざまな課題を解決していかねばならない。普及を阻む最大の課題は価格だろう。稲田氏は「価格は優先順位の問題」と、店頭での対面式体感キャンペーンの重要性を指摘する。

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域の注目企業の広告戦略 の記事一覧

家庭のマッサージチェア普及率、7割以上を目標に(この記事です)
名古屋で一番信頼できる銀行へ、働きがいのある組織・業務に改編
口コミで広がった博多銘菓「めんべい」、テレビCMで一気にブレイクの理由
におわない靴下市場を創造、川柳とコラボ企画で認知拡大へ
東海エリア初のセルフうどん店「どんどん庵」、35年目の変革
「ゆずすこ、知ってる?」商品の個性が口コミを誘発、12カ国に輸出

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する