広告マーケティングの専門メディア

ネットの話題で見る広告業界2013

山本一郎さんと振り返ろう!一般人の「一芸型ウェブ炎上」2013

山本一郎

一般人が火種となる、新たな「ウェブ炎上」が多数発生した2013年が間もなく終わります。多くの炎上事案をウォッチし続けている山本一郎さんとともに、今年もこの問題を検証。炎上に直面した企業がとるべき対応、そして2014年の予測まで、語り尽くします。

 

「一芸型炎上」という新スタイル

今年もウェブ炎上を総括するべき季節がやってまいりました。そもそもウェブでの炎上とは、企業の不適切な顧客対応や、企業トップの不用意な発言など、いわゆる揮発性の強い発言がネット上にはびこる失言好事家の目に留まって炎上し、批判が当事者に殺到するというのが定番でありました。然るべき礼節をわきまえているべき組織の長や著名人が、思わず漏らした本音、感情論、不謹慎発言など、さまざまな隙をウェブで見せることによって、ネット民の面白ネタとなり、ツイッターや2ちゃんねる系まとめサイトなどで大きく拡散することが問題となってきました。

あと91%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ネットの話題で見る広告業界2013 の記事一覧

「アドタイ」から広告界の話題を読み解く 2013年に読まれた記事ベスト20
山本一郎さんと振り返ろう!一般人の「一芸型ウェブ炎上」2013(この記事です)
NAVERまとめ・桜川編集長に聞いた「2013年、ネットで話題になった広告」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する