広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

通勤時、約3割の人が交通広告とモバイル双方を見ている

ジェイアール東日本企画

JR東日本企画は首都圏と関西圏の調査エリア在住の12歳~69歳以下の男女個人を対象に「2013年度首都圏・関西圏移動者調査」を実施した。調査期間は2013年5月18日~26日のうち連続する9日間。

調査の結果、交通広告を見て対象商品に興味をもつのは、平日の朝に電車内でモバイルと交通広告の両方を見ている"情報高感度な人"だった。また、車内ビジョンや広告などを見ている人が多いこともわかった。車内広告を見る人は移動中のSNS利用にも熱心であることや、鉄道利用時間帯と外でのネット利用の時間帯が重なるなど、交通広告とSNSの親和性がうかがえる結果となった。

あと41%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

中国で人気の日本人タレント調査、1位は?
通勤時、約3割の人が交通広告とモバイル双方を見ている(この記事です)
SNSの「3大ネタ」は店・飲食・イベント
「食の安全に自信あり」は母親のわずか1%
主張書き込むブログ、33%が「知人に内緒」で運営
新車購入で「目新しい色」を求める日本の消費者
働く男性の約47%が「自分へのご褒美」購入経験あり
約半数のパパが行うゴミ出し、男の家事として定着
2歳児の2割、ほぼ毎日スマホに接触
約8割の人が「災害時の備え」として水を買い置き
60代は健康維持に年間7万円投資、20代も積極的
スマホ利用、不安のトップは「バッテリー残量の大幅減少」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する