広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

「食の安全に自信あり」は母親のわずか1%

食料自給率と食の安全に関する調査

oksun70 / 123RF ストックフォト

トレンド総研は、23歳〜54歳の母親500人を対象に、食料自給率に対する意識調査を探る「食料自給率と食の安全に関する調査」を実施した。調査期間は2013年8月8日〜12日の5日間。

母親の9割が「食料自給率を上げるべき」と回答。だが、自給率向上には地元産など国産品を優先的に利用すべきと考える一方で、7割もの母親が、材料がほぼ輸入大豆である「和風調味料を使う」を選択するなど、向上策への理解が十分でないことが浮き彫りに。母親の多くが子どものために食の安全性を重視しているが、実際に安全な食品を選んでいる自信がある人は2割に満たなかった。







あと30%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

SNSの「3大ネタ」は店・飲食・イベント
「食の安全に自信あり」は母親のわずか1%(この記事です)
主張書き込むブログ、33%が「知人に内緒」で運営
新車購入で「目新しい色」を求める日本の消費者
働く男性の約47%が「自分へのご褒美」購入経験あり
約半数のパパが行うゴミ出し、男の家事として定着
2歳児の2割、ほぼ毎日スマホに接触
約8割の人が「災害時の備え」として水を買い置き
60代は健康維持に年間7万円投資、20代も積極的
スマホ利用、不安のトップは「バッテリー残量の大幅減少」
女性の運転時間、島根・佐賀は東京の3倍に
「飲める」日本の水道水。水を買うのは日本3割、中国9割 

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する