広告マーケティングの専門メディア

2020年東京オリンピック開催決定!

日本人に喜びをもたらすのは「ノーベル賞より金メダル」

野村総合研究所

オリンピック開催により、スポーツ人口の増加や観戦機会の増大に伴う、市場の活性化も期待されている。ここでは野村総合研究所が2012年のロンドンオリンピック後に実施した調査などから、日本人のマインドの変化や東京開催によるスポーツ市場への影響を読み解く。

多大な喜びをもたらすのは「ノーベル賞より金メダル」

日本時間の9月8日未明、2020年オリンピック・パラリンピックの開催都市が東京に決定した。東京の他には、スペインのマドリードとトルコのイスタンブールが開催都市に立候補していたが、東京はイスタンブールとの決選投票の末、開催都市の座を勝ち取った。

日本は早朝から、2020年東京オリンピック・パラリンピックのニュースで持ちきりとなり、日本中が喜び一色のムードであった。

では、オリンピックは日本人にとって、どれくらい価値を持つものとして認識されているのだろうか。野村総合研究所(NRI)は2012年9月に、20歳以上の男女2000人を対象に、スポーツに関するアンケート調査を実施した。

図表1のデータは、「日本代表チーム、日本代表選手が国際大会で活躍する(優勝する、メダルを獲得する)」ことは他の事柄と比較して、どの程度うれしいかを示している。結果をみると、「日本人がノーベル賞を受賞する」や「日本の文化人が国際的に高い評価を得る」などよりも、日本のスポーツ選手が国際大会で活躍することの方が、相対的に高い評価を得ていることが分かる。

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2020年東京オリンピック開催決定! の記事一覧

SNS浸透時代に受け入れられる、スポーツ写真のクリエイティブ
入浴剤は嗜好品から「必需品」へ。2020年に向けたブランディング活動
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(3)
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(2)
京井良彦さん「7年後には、スポーツをメディアと捉える時代は終わっている」
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(1)
柴崎辰彦さん「コトづくりの国、ニッポンを目指せ。」
藤田康人さん「前向きの消費マインドを、企業に活かすには?」
日本人に喜びをもたらすのは「ノーベル賞より金メダル」(この記事です)
「特殊仕様エアウィーヴ」で、アスリートの睡眠をサポート
レイ・イナモトさん「日本は「Tokyo 2020」で何を成し遂げたいのか」
2020東京五輪に向けた3つのオールド・イノベーションで、地域・中小企業が活性化する。
2020年五輪開催に向け、日本人は「IllnessからWellnessへ」
福岡から世界へ!江口カンさんに聞く、五輪招致PRフイルム制作の裏側
1964年とは全く異なる、オリンピック公式スポンサーとその権利
アンブッシュマーケティングに要注意!オリンピックと日本企業の活路
亀倉雄策が東京五輪で示した、デザインの力。
キーワードは「現実加工」。五輪は都民が主役のイベントになりうるか?
佐藤可士和さんに聞いた「日本の企業がオリンピック開催の好機を活かすアイデア」
2016年の東京招致失敗から学んだ「オールジャパン態勢」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する