広告マーケティングの専門メディア

2020年東京オリンピック開催決定!

昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(2)

岡田芳郎

IOCがマーケティングに力を入れるようになった現在と1964年当時では、オリンピックに関連した広告・販促キャンペーンの実施可能範囲は全く異なるものの、第1回東京オリンピック時の宣伝アイデアにはユニークなものが多くある。そんな事例を紹介する。

経済成長を象徴する企業広告

東京オリンピックの2年前の1962年2月26日(朝日新聞)には「世界をもてなす」というキャッチフレーズで、ホテル オークラが開業広告を出した。「観光日本がはじめて生んだ国際水準を抜くホテルです」と自信をあらわしている。オリンピックで来日する外国人観光客を迎える準備が出来たことを表している。

積水化学は「オリンピックをきれいな東京で。」(1962年7月24日、朝日新聞)で、都会のゴミ問題をテーマにしている。「東京オリンピックまで、あと800日・・・昭和39年には、世界90か国の人々がやってきます。ぜひきれいになった東京で、はなばなしく競技をくりひろげたいもの。それまでに、どうしても、ちゃんとしておきたいことがひとつ。――1日7千トンのゴミの処理です。」セキスイのポリバケツの活躍をアピールする社会性のある企業広告を展開した。

1963年12月20日、首都高速道路1号線の開通を知らせる首都高速道路公団、日産自動車の広告が出された。「フリーウエイは日産車の<走るショールーム>です!」「フリーウエイ続々誕生!」「世界のフリーウエイが日産車を保証します」とコピーは語る。オリンピックに向け、東京は急速に改造されていった。だがまだ1号線は日本橋本町―鈴ヶ森の12.7キロメートルであり、4号線は江戸橋―呉服橋のわずか0.6キロメートルが開通したにすぎなかった。

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2020年東京オリンピック開催決定! の記事一覧

SNS浸透時代に受け入れられる、スポーツ写真のクリエイティブ
入浴剤は嗜好品から「必需品」へ。2020年に向けたブランディング活動
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(3)
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(2)(この記事です)
京井良彦さん「7年後には、スポーツをメディアと捉える時代は終わっている」
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(1)
柴崎辰彦さん「コトづくりの国、ニッポンを目指せ。」
藤田康人さん「前向きの消費マインドを、企業に活かすには?」
日本人に喜びをもたらすのは「ノーベル賞より金メダル」
「特殊仕様エアウィーヴ」で、アスリートの睡眠をサポート
レイ・イナモトさん「日本は「Tokyo 2020」で何を成し遂げたいのか」
2020東京五輪に向けた3つのオールド・イノベーションで、地域・中小企業が活性化する。
2020年五輪開催に向け、日本人は「IllnessからWellnessへ」
福岡から世界へ!江口カンさんに聞く、五輪招致PRフイルム制作の裏側
1964年とは全く異なる、オリンピック公式スポンサーとその権利
アンブッシュマーケティングに要注意!オリンピックと日本企業の活路
亀倉雄策が東京五輪で示した、デザインの力。
キーワードは「現実加工」。五輪は都民が主役のイベントになりうるか?
佐藤可士和さんに聞いた「日本の企業がオリンピック開催の好機を活かすアイデア」
2016年の東京招致失敗から学んだ「オールジャパン態勢」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する