広告マーケティングの専門メディア

2020年東京オリンピック開催決定!

昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(1)

岡田芳郎

IOCがマーケティングに力を入れるようになった現在と1964年当時では、オリンピックに関連した広告・販促キャンペーンの実施可能範囲は全く異なるものの、第1回東京オリンピック時の宣伝アイデアにはユニークなものが多くある。そんな事例を紹介する。

日本時間2013年9月8日午前5時20分、ブエノスアイレスで開かれたIOC総会で、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの東京開催が決定した。ほぼ同時刻、東京・代々木ドコモタワービルの向こうに縦長の虹が出た。

2020年まであと7年。オリンピックは日本人に新たな夢を与えた。これから7年間、オリンピックを目標に我々は日々を前進してゆくことができる。オリンピックは、日常の煩雑な出来事を突き抜ける太い、強い線のような支えとなり、目に見える希望になった。本稿では、49年前に行われた東京オリンピックがどのような社会的意味を持ち、企業コミュニケーションがどのように行われたかを振り返り、7年後に向けての活動のヒントを探りたい。

社会開発、生活・価値観変化
オリンピックのインパクト

東京に、新しいホテルが次々と開業した。上は、ホテルニューオータニの広告。

1964年の東京オリンピックは、日本が戦後初めて世界に向けてその存在をアピールする国際的イベントだった。世界から94カ国、約5500人の選手・役員が東京に集まり、史上最大のオリンピックとなった。日本にこれだけ海外から一挙に人々が訪れたのももちろん初めてである。オリンピック投資は1兆800億円に上ったが、会場建設費はわずか164億円であり、その他は高速道路、モノレール、地下鉄さらには東海道新幹線などの新しい交通網の整備と新設に費やされた。東京が、首都らしいインフラを急速に整備するとともに、東海道、全国に拡がる基点としての存在を浮き上がらせた。

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2020年東京オリンピック開催決定! の記事一覧

SNS浸透時代に受け入れられる、スポーツ写真のクリエイティブ
入浴剤は嗜好品から「必需品」へ。2020年に向けたブランディング活動
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(3)
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(2)
京井良彦さん「7年後には、スポーツをメディアと捉える時代は終わっている」
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(1)(この記事です)
柴崎辰彦さん「コトづくりの国、ニッポンを目指せ。」
藤田康人さん「前向きの消費マインドを、企業に活かすには?」
日本人に喜びをもたらすのは「ノーベル賞より金メダル」
「特殊仕様エアウィーヴ」で、アスリートの睡眠をサポート
レイ・イナモトさん「日本は「Tokyo 2020」で何を成し遂げたいのか」
2020東京五輪に向けた3つのオールド・イノベーションで、地域・中小企業が活性化する。
2020年五輪開催に向け、日本人は「IllnessからWellnessへ」
福岡から世界へ!江口カンさんに聞く、五輪招致PRフイルム制作の裏側
1964年とは全く異なる、オリンピック公式スポンサーとその権利
アンブッシュマーケティングに要注意!オリンピックと日本企業の活路
亀倉雄策が東京五輪で示した、デザインの力。
キーワードは「現実加工」。五輪は都民が主役のイベントになりうるか?
佐藤可士和さんに聞いた「日本の企業がオリンピック開催の好機を活かすアイデア」
2016年の東京招致失敗から学んだ「オールジャパン態勢」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する