広告マーケティングの専門メディア

2020年東京オリンピック開催決定!

2020東京五輪に向けた3つのオールド・イノベーションで、地域・中小企業が活性化する。

経済評論家 平野和之

東京五輪

東京五輪が決まり、早速オリンピック特需が生まれている。では、地域や中小企業がこの恩恵を受けるために必要な戦略とは?経済評論家の平野和之氏は、3つのオールド・イノベーションが起こると指摘する。

私は2020年東京五輪開催決定翌日から、この経済波及効果により3つのオールド・イノベーション―― (1)老朽化対策、(2)高齢化社会への対応、(3)伝統・歴史・文化のイノベーション――が起こると分析している。

イノベーション(1)

老朽化対策
「低コストで長寿命化」を輸出

今、日本全体は高度経済成長期、いわゆるオリンピック景気なども含めて大量に公共投資を行ったインフラが老朽化、劣化し始めており、その老朽化対策の予算がない状況にある。今後50年間で190兆円、いやそれ以上のインフラ更新予算が必要とも言われている。

 

老朽化対策は世界各国共通の課題となりつつあり、たとえば、アメリカでは9本に1本の橋が陥落する危険性があり、中国は4万のダム、アメリカも1万4000のダムが決壊のリスクにさらされている。 アメリカの老朽化対策予算は360兆円もかかるとも言われているのだ。

そこで日本が取り組んでいる、低コストで長寿命化を実現するスキームなど老朽化対策の技術は海外にも輸出できる可能性を秘めており、その投資の中核にオリンピックはリトマス検査薬としてチャレンジしていくことになる。

あと84%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2020年東京オリンピック開催決定! の記事一覧

SNS浸透時代に受け入れられる、スポーツ写真のクリエイティブ
入浴剤は嗜好品から「必需品」へ。2020年に向けたブランディング活動
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(3)
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(2)
京井良彦さん「7年後には、スポーツをメディアと捉える時代は終わっている」
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(1)
柴崎辰彦さん「コトづくりの国、ニッポンを目指せ。」
藤田康人さん「前向きの消費マインドを、企業に活かすには?」
日本人に喜びをもたらすのは「ノーベル賞より金メダル」
「特殊仕様エアウィーヴ」で、アスリートの睡眠をサポート
レイ・イナモトさん「日本は「Tokyo 2020」で何を成し遂げたいのか」
2020東京五輪に向けた3つのオールド・イノベーションで、地域・中小企業が活性化する。(この記事です)
2020年五輪開催に向け、日本人は「IllnessからWellnessへ」
福岡から世界へ!江口カンさんに聞く、五輪招致PRフイルム制作の裏側
1964年とは全く異なる、オリンピック公式スポンサーとその権利
アンブッシュマーケティングに要注意!オリンピックと日本企業の活路
亀倉雄策が東京五輪で示した、デザインの力。
キーワードは「現実加工」。五輪は都民が主役のイベントになりうるか?
佐藤可士和さんに聞いた「日本の企業がオリンピック開催の好機を活かすアイデア」
2016年の東京招致失敗から学んだ「オールジャパン態勢」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する