広告マーケティングの専門メディア

2020年東京オリンピック開催決定!

アンブッシュマーケティングに要注意!オリンピックと日本企業の活路

早稲田大学 原田宗彦

2020年の東京開催は、日本の企業にどんな可能性を与えるのだろうか。スポーツマーケティングが専門でオリンピックのマーケティング、企業のスポーツマーケティング活動にも精通する、早稲田大学の原田宗彦教授に現状で考えられる可能性について論考してもらった。

021_01.jpg

オリンピックの五輪マークは、世界で最もよく知られているブランドである。平均で94%の認知度を誇り、赤十字のレッドクロスやメルセデス・ベンツのスリーポインテッド・スターよりもよく知られている。このようなオリンピックが、2020年に東京に来ると決まったことは、世界第3位の経済大国であるにも関わらず、停滞感と閉塞感が拭えない今の日本にとって、未来に向けた新しい成長戦略を設計する千載一遇の好機である。

千年に一度偶然に訪れるという表現は大げさかもしれないが、オリンピックという世界最強ブランドと、今後7年間にわたってパートナーを組める権利を獲得したことは真の僥倖であり、東京という都市のブランド力の向上からスポーツ関連産業の活性化まで、産業界に幅広いプラスの影響をもたらす可能性が生まれた。

しかしながらその一方で、国際オリンピック委員会(IOC)が所有するオリンピック資産は厳格に保護されており、正式なスポンサー企業にならない限り、それらを使用することはできない。さらに開催国であるがゆえに、権利保護の縛りが強化されるという窮屈さも生じるなど、今後オリンピックに関与する企業は、IOCが定めるルールに従ったマーケティングを展開する必要がある。そこで以下では、「オリンピックと日本企業の活路」というテーマに基づき、オリンピックマーケティングとは何かについて概説するとともに、2020年に向けて、日本企業がどのような活路を見出すべきかについて論考したい。

あと84%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2020年東京オリンピック開催決定! の記事一覧

SNS浸透時代に受け入れられる、スポーツ写真のクリエイティブ
入浴剤は嗜好品から「必需品」へ。2020年に向けたブランディング活動
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(3)
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(2)
京井良彦さん「7年後には、スポーツをメディアと捉える時代は終わっている」
昭和の広告人のアイデアに学ぶ!東京オリンピックで飛躍した企業の宣伝活動(1)
柴崎辰彦さん「コトづくりの国、ニッポンを目指せ。」
藤田康人さん「前向きの消費マインドを、企業に活かすには?」
日本人に喜びをもたらすのは「ノーベル賞より金メダル」
「特殊仕様エアウィーヴ」で、アスリートの睡眠をサポート
レイ・イナモトさん「日本は「Tokyo 2020」で何を成し遂げたいのか」
2020東京五輪に向けた3つのオールド・イノベーションで、地域・中小企業が活性化する。
2020年五輪開催に向け、日本人は「IllnessからWellnessへ」
福岡から世界へ!江口カンさんに聞く、五輪招致PRフイルム制作の裏側
1964年とは全く異なる、オリンピック公式スポンサーとその権利
アンブッシュマーケティングに要注意!オリンピックと日本企業の活路(この記事です)
亀倉雄策が東京五輪で示した、デザインの力。
キーワードは「現実加工」。五輪は都民が主役のイベントになりうるか?
佐藤可士和さんに聞いた「日本の企業がオリンピック開催の好機を活かすアイデア」
2016年の東京招致失敗から学んだ「オールジャパン態勢」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する