広告マーケティングの専門メディア

小売店頭トレンド予報

2014年トレンド予測「『ゆるキャラ狙い』はあざとい?」「増税対策、消費者は意外と冷静?」

北村森(商品ジャーナリスト)

2014_torendo.jpg

ポスト・ゆるキャラ、ポスト・B級グルメ...地元の資産を見直そう

新年に向け、今回は2014年の消費トレンドを3つ予測します。最初は、何かと話題な、地域おこしのトレンド。グルメ、ゆるキャラは曲がり角でしょう。B級グルメはそもそも、昔からその地に存在した料理だからこそ価値がある。ここ2~3年の乱造は目に余ります。ゆるキャラは、自治体などが真剣に制作したはずが、どこかずれていたところが面白かったのです。はなからの“ゆるキャラ狙い”はあざとい。

今後の成功には、いわば足許の宝物を大事にした商品の開発が必須でしょう。好事例としては富山の「幸のこわけ」。古くからある土産物を拾い上げ、共通ブランド化したもので、地元駅や空港の売店で地道に売っています。低単価ながら今年の売上高予測は7000万円。こうした売り方にこそ注目です。

ウェアラブル元年、「どう使うか」は消費者に委ねよ

次はデジタルの分野。皆さんもご存じの通り、2014年は「ウェアラブル元年」と予想されています。「グーグルグラス」に「iWatch」、日本発ではグーグルグラスの対抗馬として注目される「テレパシー・ワン」。

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

小売店頭トレンド予報 の記事一覧

2014年トレンド予測「『ゆるキャラ狙い』はあざとい?」「増税対策、消費者は意外と冷静?」(この記事です)
年末年始の長期休暇を狙え!リアル店舗で売れる旅行商品とは?
年末商戦は消費増税を煽りすぎず、製品特性の丁寧な説明が「吉」
「秋の夜長」は快眠・ホームシアター・炭酸飲料
「秋の行楽シーズン」トレンドはこうなるでしょう!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する