広告マーケティングの専門メディア

現代 宣伝・広告の実務

新聞広告の日に未来の新聞を考える

村井知哉(電通 新聞局長)

10月20日の新聞広告の日に合わせて、宣伝会議は新聞「アドバタイムズ」の特別版を発行します。今回は、広告主の課題に応える「新聞ソリューション」活用の未来について、電通の村井知哉新聞局長に聞きました。

122_01.jpg

─「新聞」の今日的環境における強みとは?

ネット上では、人々の何気ない日常を切り取ったような写真や、それこそつぶやきさえもが、コンテンツとして成立する時代。情報過多の時代にあって、人々はそれを取捨選択し、理解し、判断する必要に常にさらされている。こうしたメディア環境の中における新聞の強みは、いくつか考えられる。

ひとつが「情報の重みづけ」。いわゆる「キュレーション機能」だ。新聞に掲載されること自体が、そのニュース、情報の重要性を表していると言ってよいし、さらに1面のトップ記事から始まり、紙面での記事の大きさ、扱い方は、そのままそのニュースの重みづけを表象している。

また、ネットからの情報摂取はどうしても自分の興味・関心に偏りがちだが、新聞はそうした偏りも排除した形で多様な記事が配置され、読者の知識や見識を広めてくれる。人々は自身を取り巻く状況を正しく理解し、認識するために新聞の持つ客観性・公平性を頼りにしていると言える。また、何といってもマスメディアの本来の力は、取材力、専門性に裏付けられた信頼できる確かな情報・ニュースを、一気に全国に届ける展開力だと思う。ネット社会が進展すればするほど、かえって新聞メディアの本質的な価値が改めて評価されると言える。

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

現代 宣伝・広告の実務 の記事一覧

Hanako、Martの企業タイアップに見る、共感を作る「編集長の力」
第6のメディアの出現「マスコミからスマコミへ」
新聞広告の日に未来の新聞を考える(この記事です)
まとめサイトなど「ミドルメディア」の登場で変わった、ニュースの生態系
HD映像からCM運用まで、デジタル技術はテレビをどう変えたか
大手広告主のテレビ出稿「一社提供」復活なるか?
媒体計画から評価まで、メディアプランニングの実践
ネット進化で「二極化」進む、メディアプランニング業務
「強いアイデアを創出し、選び、実行する」クリエイティブ・マネジメント
伝わる「販促物」をつくるためのPDCA検証
オリエンテーションからプロジェクト運営まで
宣伝におけるクオリティ&コストコントロール

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する