広告マーケティングの専門メディア

MONTHLY RANKING

今月の「企業ブランド想起率」上位20社

アメリカンファミリー生命保険

テレビCMから企業名、想起できますか?国内の宣伝費上位企業39社を対象に、過去半年間に流れたテレビCMの想起率、およびそのCMから企業名想起できたサンプル数を1カ月ごとにリサーチ。これにより企業ブランドの想起率を算出。さらに、特に注目したい1社の半年間の平均値の推移を検証します。

白黒の対比と、コミカルな発言で印象的に
「ブラックスワンのささやき 登場」編、
「ブラックスワンのささやき レディース」編ほか

今回はCM想起数が、前月(2013年7月)86件から当月(2013年8月)220件と、大幅にアップしたアメリカンファミリー生命保険を取り上げます。

同社では、従来の医療保険「EVER」のコンセプトを継承しつつ、保障・保険料共にリニューアルを行った〈ちゃんと応える医療保険EVER〉と、女性向け専用商品〈ちゃんと応える医療保険レディース EVER〉を新たに発売。新CMにはモデル・女優として幅広く活躍している本田翼さんを起用。8月から「ブラックスワンのささやき 登場」編など3編をオンエアしています。

CM内に登場するキャラクターには、同社おなじみの「アフラックダック」と、そのライバルとして新たに「ブラックスワン」が登場。声優には、お笑い芸人の有吉弘行さんを起用しています。OLに扮した本田さんのネガティブなつぶやきと、へそ曲がりな性格でやる気を邪魔しようとする「ブラックスワン」とのコミカルな掛け合いが面白い内容となっています。

想起者の属性を見ると、男性40%・女性60%と女性の割合がやや高く、年代別では保険という商品特性もあってか、40~60代と年代が上がるにつれて想起率も高まる傾向にありました。「保険の必要性を感じる方、そうでない方のイメージをうまく捉えていて面白い」(男性40代)、「黒と白のアヒルを対照的に使ってわかり易い」(女性60代)など、「ブラックスワン」の登場によってもたらされる「アフラックダック」との対比やユーモアに、これまでの同社CMとは一線を画す内容として視聴者の印象に残ったようです。また保険料の値下げを実現、20・30代に知名度の高い本田さんの起用により、若年層の取り込みにも期待の持てるCMとなっています。

※コミュニケーションデータシステム(CDS)が行う、1週間単位で記憶・印象に残っているCM調査(関東130万人のモニターから毎週1200人を抽出)から分析。

175_03.jpg

MONTHLY RANKING の記事一覧

今月の「企業ブランド想起率」上位20社(この記事です)
今月の「企業ブランド想起率」上位20社
今月の「企業ブランド想起率」上位20社
今月の「企業ブランド想起率」上位20社
CMのパブリシティ量を独自調査/8月号
CM発表会のパブリシティ量を独自調査/7月号
今月の「企業ブランド想起率」上位20社 / 7月号
今月の「企業ブランド想起率」上位20社 / 6月号

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する