広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

新車購入で「目新しい色」を求める日本の消費者

アジア4カ国の色に関する意識調査

目新しい色を求める日本の消費者
最もポピュラーな色は「黒」

インテージは日本カラーデザイン研究所と共同で「アジア4カ国の色に関する意識調査」を実施。調査は2013年1~4月に、日本、中国、タイ、ベトナムで行われた。「自動車編」の調査では、4カ国合計「よく見かける車の色」は、黒・白・銀の無彩色がトップ3。

国別では、中国・タイ・ベトナムでは「よく見かける色」と「購入したい色」は比例しており、オーソドックスな色を選ぶ傾向にある。一方日本は、紺・エンジ・鉄紺といった、見かける色の割合が低い色でも購入したい割合は高く、インテージは「日本の消費者は目新しい色を求める傾向にある」と分析している。

あと40%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

主張書き込むブログ、33%が「知人に内緒」で運営
新車購入で「目新しい色」を求める日本の消費者(この記事です)
働く男性の約47%が「自分へのご褒美」購入経験あり
約半数のパパが行うゴミ出し、男の家事として定着
2歳児の2割、ほぼ毎日スマホに接触
約8割の人が「災害時の備え」として水を買い置き
60代は健康維持に年間7万円投資、20代も積極的
スマホ利用、不安のトップは「バッテリー残量の大幅減少」
女性の運転時間、島根・佐賀は東京の3倍に
「飲める」日本の水道水。水を買うのは日本3割、中国9割 
シニアドライバーの過半数がスバル「アイサイト」を認知
お金や時間を極力かけない健康管理が主流
大学生活はPCとスマホが命

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する