広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

2歳児の2割、ほぼ毎日スマホに接触

ベネッセ教育総合研究所「乳幼児の親子のメディア 活用調査」

ベネッセ教育総合研究所は、乳幼児とその親がスマホなど新メディアと上手く付き合う方法を探るため、0歳6カ月から6歳までの乳幼児を持つ母親を対象に「乳幼児を持つ親子のメディア活用に関する実態と意識」調査を実施した。

スマホを使用する母親は6割で、その子どもは2歳児で2割がほぼ毎日スマホと接触。使用場面は「外出先での待ち時間」が最も多く5割超。親は、学習アプリ等で子どもの知識が豊かになる可能性を感じる反面、視力低下や健康悪化を懸念。年齢が若い親ほど情報収集などにSNSやLINEを利用しており、スマホが子育ての場に浸透している様子が浮彫となった。

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

約半数のパパが行うゴミ出し、男の家事として定着
2歳児の2割、ほぼ毎日スマホに接触(この記事です)
約8割の人が「災害時の備え」として水を買い置き
60代は健康維持に年間7万円投資、20代も積極的
スマホ利用、不安のトップは「バッテリー残量の大幅減少」
女性の運転時間、島根・佐賀は東京の3倍に
「飲める」日本の水道水。水を買うのは日本3割、中国9割 
シニアドライバーの過半数がスバル「アイサイト」を認知
お金や時間を極力かけない健康管理が主流
大学生活はPCとスマホが命
環境よりも「快適さ」や「涼しさ」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する