広告マーケティングの専門メディア

大学広報は今

聖心女子大で学生のメディア露出解禁、SNSガイドラインも策定

聖心女子大学

162_01.jpg

テレビ局の取材を受ける、ラジオサークルの学生。かつては全面禁止だった学生のメディア露出も、ソーシャルメディア時代の社会的意識の変化に合わせ、少しずつ規制を緩める傾向にあるという。

162_02.jpg

学生を「守る」ソーシャルメディアガイドライン
2011年、同大学の英語英文学科教授であるマーシャ・クラッカワー氏が主導し、米・ミシガン大学などの運用事例を参考にしながら策定した。学生をリスクから守るという観点から作成されたガイドラインは、問いかけるような文体で、実際の判断・行動を学生の自主性に委ねる姿勢をとっている。

昭和天皇皇后が幼少期を過ごした、かつての久邇宮邸の敷地内にキャンパスがあり、かつ、現皇后・美智子様の出身大学でもある。皇室との所縁の深さで知られる聖心女子大学。それがブランド価値となってきた一方で、ともすると敷居が高く、閉ざされたイメージを持たれがちなのが悩みでもある。「受験生人口が減少の一途を辿り、受験生一人あたりの併願校数も92年頃の7~8校から現在は4校ほどに減るなか、"選ばれ続ける"大学となるために、積極的な取り組みが必要と考えている」と入学広報課課長の坂本明氏は話す。

あと84%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

大学広報は今 の記事一覧

聖心女子大で学生のメディア露出解禁、SNSガイドラインも策定(この記事です)
広報は大学のブランドマネージャー
大学ブランドづくりは教職員と学生の共同作業
「創立者の想い」を主軸に 独自の切り口でブランドを訴求

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する