広告マーケティングの専門メディア

私が選ぶ注目企業アプリ

ビッグデータ×クリエイティブで交通事故を減らすWEBアプリ

本田技研工業「SAFETY MAP」

SAFETY MAPー本田技研工業

スマホ向けアプリは日々多様化・複雑化しています。開発の観点からは「ブラウザ上で動くWEBアプリとしてつくるのか?」それとも「端末上で直接動くネイティブアプリとしてつくるのか?」が最初の大きな分岐点になりますが、今のところ一長一短です。ユーザーにとって何が便利か・役立つかで、その都度、判断するしかありません。一般的に、対応OSバージョンや更新が多く、ダウンロードの手間をかけさせたくない場合はWEBアプリが多く、今後もHTML5の進化やSNSとの連動という観点から、WEBアプリや、"いいとこどり"のハイブリッドアプリが増えるのではないかと思っています。

065_01.jpg

今回ピックアップした"みんなでつくる安全マップ"「SAFETY MAP」も、そんなWEBアプリのひとつです。同アプリは、インターナビ搭載車から収集された日本中の走行データから、急ブレーキデータを抽出。ベクトルや発生頻度で分析することで、「急ブレーキが多発している地点」を導き出し、警察が保有する事故情報やソーシャル上の投稿情報と組み合わせ、危険が潜んでいる場所だけでなく、交通上注意が必要な場所まで表示してくれるマップです。事故を発生する前から減らしていく、画期的なアイデアと言えるでしょう。

こうした、技術を活用して世の中を良くするクリエイティブは、世界的なトレンドでもあります。ビッグデータ、ソーシャル、HTML5...日々進化する技術の中からユーザーにとって何が大切で、喜ばれるかを判断し、便利に提供する。その結果ブランドが好かれ、選ばれる。企業アプリの目指すべき未来のひとつは、そんなところにあるように思います。

150_04.jpg

三浦 竜郎氏

クリエイター。大手広告会社にて、マスとデジタルで、生活者とブランドの間に絆をつくるエンゲージメントクリエイティブ。ポップカルチャーとキャンプが得意領域。カンヌサイバー部門、ADFESTデザイン部門(デジタル)、TIAAをはじめ受賞多数。

私が選ぶ注目企業アプリ の記事一覧

ビッグデータ×クリエイティブで交通事故を減らすWEBアプリ(この記事です)
毎日がラップになる!? 遊びごころと最新技術の融合
世界中の人が同時に見て楽しめる、新感覚カメラアプリ
コロナビールのコースターに描いた絵が、ステキな音楽になるアプリ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する