広告マーケティングの専門メディア

ECサイトの作り方

ヤフーとローソンが狙う、EC×店舗のシームレスな買い場提供

定期宅配サービス「スマートキッチン」

076_01.jpg

ヤフーとローソンが合弁会社を設立しサービスを提供している「スマートキッチン」。ローソンという全国各地にあるリアル店舗を、「OtoO」施策としてどのように活用しようと考えているのだろうか。

ヤフーとローソンの強みを合体

今年の1月にサービス提供を開始したヤフーとローソンの合弁会社であるスマートキッチンが展開する、インターネットを使った食品・日用品の定期宅配サービス「スマートキッチン」。男性客が多いコンビニエンスストア業界において、ナチュラルローソンなど女性に向けた店舗・商品展開で独自性を発揮してきたローソンの商品調達力やオリジナル商品開発のノウハウを活かし、育児をしながら働くなど「忙しいママ」をターゲットに企画されたサービスだ。週に1回、ユーザーが指定した日時に毎週買うと設定したものが届く定期宅配に加え、そのときにだけ欲しいものを選択することも可能な仕組みだ。生協に近しい仕組みであるが、全国で1万1275店(2013年6月末時点、ナチュラルローソン・ローソンストア100含む)にのぼる、ローソンチェーンの活用に独自性がある。実店舗とどのように連携させ、オンラインとオフラインをつなげていこうと考えているのだろうか。

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ECサイトの作り方 の記事一覧

「利用規約は簡潔に」。ECサイトの顧客データ取得・活用のポイント
グッチグループから社名変更、売上のECシェア5%目指す
ヤフーとローソンが狙う、EC×店舗のシームレスな買い場提供(この記事です)
企業に立ちはだかる「ECブランディング」への壁
店舗もECも敷居高い「SK-Ⅱ」、ポップアップストアでブランド体験
究極の「自動販売機型」と「対面販売型」、あなたのECサイトはどっち?
メーカーECに必要なのは、組織・業務を刷新する「覚悟」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する