広告マーケティングの専門メディア

ECサイトの作り方

企業に立ちはだかる「ECブランディング」への壁

ネットコンシェルジェ 尼口友厚

コーポレートサイトとECサイトは別人格としてWEBサイトは制作されてしまいがちだ。しかし売りに徹するECサイトは、ブランドイメージが訴求できず売上にもつながりにくい。では、ブランドイメージを高めるECサイトはどのようにしたら良いのだろうか。

063_01.jpg

新しいネットショッピングを消費者は求めている

従来のECをひと言で表すなら「便利でお得」であったと思います。アマゾンや楽天にアクセスして欲しい物を検索する。検索結果を安い順に並び替える。安いものから順番にチェックして、買う。これが「ネットでモノを買う」行為そのものだったのではないでしょうか。「便利でお得」だからこそ消費者に受け入れられ、EC市場は大きく成長してきました。しかし、こういった従来型のネットショッピングに慣れてきた消費者は、「ほかのネットショッピングの選択肢」にも興味を持ち始めています。

もちろん、できれば安いほうがいいし、便利な方がいい。でも、それだけではなくて欲しいものを発見したい、出会いたい。ネットショッピングでの行動範囲をさらに広げたいという思いが生まれてきています。こういった消費者の思いに対して、企業・ブランド・店舗はどのように答えていけば良いのでしょうか? その鍵は「ブランディング」にあります。本記事ではブランディングを活用した、消費者の新しいニーズに応えるためのECサイトデザイン手法について、考えていきます。

次世代ECサイトのゴールは「ファンをつくる」

あと82%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ECサイトの作り方 の記事一覧

「利用規約は簡潔に」。ECサイトの顧客データ取得・活用のポイント
グッチグループから社名変更、売上のECシェア5%目指す
ヤフーとローソンが狙う、EC×店舗のシームレスな買い場提供
企業に立ちはだかる「ECブランディング」への壁(この記事です)
店舗もECも敷居高い「SK-Ⅱ」、ポップアップストアでブランド体験
究極の「自動販売機型」と「対面販売型」、あなたのECサイトはどっち?
メーカーECに必要なのは、組織・業務を刷新する「覚悟」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する