広告マーケティングの専門メディア

新感覚宣伝部長

「広告表現の質にこだわってきた資生堂にとって、デジタル時代はまたとないチャンス」

資生堂 羽生浩一(事業企画部 コミュニケーション戦略室 室長)

152_02.jpg

今年4月、現職に着任した羽生氏。入社後5年間は大阪で営業を経験し、その後、新業態店舗のマーチャンダイジングに約7年携わったのち宣伝部(当時)に異動、以来約20年にわたって資生堂の宣伝・広告業務に携わってきた。「人々の購買行動もメディア環境も、20年前とは大きく様変わりしたが、常にその変化を肌で感じてきた。雑誌メディアのバイイングと媒体予算管理を約5年、制作管理を約15年と、メディアとクリエイティブの両方に身を置いてきた経験を活かし、『広告=クリエイティブ×メディア』、この掛け合わせを重視していきたい」(羽生氏)と話す。

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

新感覚宣伝部長 の記事一覧

「広告表現の質にこだわってきた資生堂にとって、デジタル時代はまたとないチャンス」(この記事です)
BtoC商品のシェアトップとBtoB領域における企業イメージ向上を両立

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する