広告マーケティングの専門メディア

話題のCMの裏側

架空の5人組アイドルが出演、ジャニーズも手掛けた振付師が指導

ニチバン「ケアリーヴ」

今年、創立95周年を迎えたニチバンは、100周年に向けた活動として、売上を伸ばしている高機能救急絆創膏「ケアリーヴ」のテレビCMを4月から放映している。「80年代」にこだわった衣装やヘアスタイル、音楽を使い、視聴者に強い印象を与えている。

広告会社:アサツー ディ・ケイ/制作会社:ADK アーツ/演出:平井邦彦/撮影:狩野毅/美術:高砂浩明/特殊機材:馬渡章一/衣装:中村実樹/HM:赤間直幸/音楽:田畑英二/振付:ボビ―吉野/CAS:米澤桂子

017_02.jpg
017_03.jpg

ジャニーズも手掛けた振付師が直接指導
CMに登場する5人組アイドルグループ「ケアリーファイヴ」のダンスは、これまでにジャニーズ事務所の少年隊や光GENJIなどの振付を手がけてきたボビー吉野氏が行った。商品を手にしてのダンスに、パッケージがきちんと正面に向けるようにするなど、細かい角度についても指導していたという。

視聴者が一度で覚えるCMに

「キズついたキミにケアリーヴ。しっかりフィットさ、はがれない」。耳馴染みの良い歌謡曲テイストの音楽が流れ、一度聞いただけにもかかわらず、気がつけば口ずさんでいる。これは、ニチバンが販売する高機能救急絆創膏「ケアリーヴ」が4月から放映しているテレビCMで流れている歌である。

今年、創立95周年を迎えたニチバンは、100周年に向けた活動として、1997年の発売以降、売上を伸ばしている高機能救急絆創膏「ケアリーヴ」で、同社としては10数年ぶりのテレビCMを制作した。「ケアリーヴはリピート率の高い商品なので、より多くの人の認知を獲得したいと考え、テレビCMの出稿を決めました。しかし、全国規模でのテレビCMは会社としても久しぶりだったため、あらゆることを一つひとつ確認していかなければなりませんでした」(ニチバン メディカル事業本部 綱島美穂氏)。

広告会社との話し合いで、CMのキーワードは「80年代」に決定。

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

話題のCMの裏側 の記事一覧

架空の5人組アイドルが出演、ジャニーズも手掛けた振付師が指導(この記事です)
1000人超のエキストラが「LED素子」表現
アサヒフードアンドヘルスケア 素肌しずく ぷるっとしずく化粧水「やってみて」篇

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する