広告マーケティングの専門メディア

主要企業の広告マーケティング活動2013

81社の宣伝部長に聞く(6)グローバルブランド管理の悩み

編集部調査レポート

グローバル化への対応――ブランド管理こそ急務

海外市場への進出が進み、グローバルでの広告宣伝活動やブランディングに取り組む企業も増えている。本調査結果からは4つの課題が明らかになった。

今回の調査では、「広告宣伝部門において、海外市場向けの広告展開やコミュニケーションに関する業務が含まれるか」について聞いたところ、81社中32社が「ある」と回答した。欧米やアジア、中国・東南アジア地域を中心に、現地法人などと連携しながらローカライズした広告展開を進めている企業が大半を占めた。

各社の課題についても自由回答を得ており、その内容は大きく4つに大別できる。(1)「ブランド管理・ブランド力の向上」という大きな枠組みのほか、(2)「現地向け広告展開のローカライズ」、(3)「現地スタッフとの連携やディレクション」、(4)「法規制や審査基準の違い」といった実務上の課題についても目立った。

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

主要企業の広告マーケティング活動2013 の記事一覧

81社の宣伝部長に聞く(1)WEB・デジタルへの対応は?
81社の宣伝部長に聞く(2)「デジタル領域の課題」総覧
81社の宣伝部長に聞く(3)「広告宣伝部門の組織改革実態」総覧
81社の宣伝部長に聞く(4)今期の広告予算見込み・媒体戦略
81社の宣伝部長に聞く(5)広告効果指標、このままでいい?
81社の宣伝部長に聞く(6)グローバルブランド管理の悩み(この記事です)
81社の宣伝部長に聞く(7)広告パートナーへの要望、本音は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する