広告マーケティングの専門メディア

主要企業の広告マーケティング活動2013

81社の宣伝部長に聞く(5)広告効果指標、このままでいい?

編集部調査レポート

現状の指標への懸念高まる――効果測定に関する課題

コミュニケーション環境が複雑化するのに伴い、広告効果測定に関する広告主の悩みは、ますます深刻化しているようだ。今回の調査では、マス広告やWEBなど媒体を問わず、広告効果測定に関して課題と感じていることを、匿名・自由記述で聞いた。

生活者のメディア接触行動の変化や、マルチメディア・マルチデバイス化といったメディア環境の多様化・複雑化。また、テクノロジーの発展による広告手法の多様化や、クロスメディア戦略がスタンダードな概念となるなど、企業のコミュニケーション環境が変化する中で、広告の投資対効果は、企業にとってますます「見えにくい」ものになっている。

052_01.jpg

効果測定指標の策定、KPI設定からPDCAサイクル構築へ

今回、回答者から聞かれた声の中でも特に目立ったのは、効果測定指標の策定やKPIの設定などへの課題だ。

あと88%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

主要企業の広告マーケティング活動2013 の記事一覧

81社の宣伝部長に聞く(1)WEB・デジタルへの対応は?
81社の宣伝部長に聞く(2)「デジタル領域の課題」総覧
81社の宣伝部長に聞く(3)「広告宣伝部門の組織改革実態」総覧
81社の宣伝部長に聞く(4)今期の広告予算見込み・媒体戦略
81社の宣伝部長に聞く(5)広告効果指標、このままでいい?(この記事です)
81社の宣伝部長に聞く(6)グローバルブランド管理の悩み
81社の宣伝部長に聞く(7)広告パートナーへの要望、本音は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する