日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

ウェブリスク24時

規制対象になるレビュー対策

鶴野充茂(つるの・みつしげ)

ブログや掲示板、ソーシャルメディアを起点とする炎上やトラブルへの対応について事例から学びます。

6月初旬、消費者庁は、景品表示法違反で東京の医療法人に再発防止などを求める措置命令を出したと発表した。インフルエンザワクチンの接種費用を割り引く代わりに、Googleマップの口コミに高評価の投稿をさせたという。昨年10月にステルスマーケティング(ステマ)の規制開始以降、初めての行政処分となった。

口コミやレビューは集客に直結する。特に飲食店や美容室などの店舗、宿泊施設や医療機関などにおいては切実な問題であるため、高得点を得ようとさまざまな工夫が繰り広げられている。今回は高評価の獲得施策で広報が踏まえたいポイントを…

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

ウェブリスク24時 の記事一覧

規制対象になるレビュー対策(この記事です)
切り抜き動画への対抗策
不祥事後の再出発でやること
カメラマンのネット募集で炎上
広報発表するか否かで議論になったら
「調査中」の記者会見で何を話すか?
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する