日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

SNS活用 知っておきたい10のこと

企業の運営担当者に聞く SNS担当に向いている人とは?

企業SNSが成果を出すための要素のひとつに「誰が運用するか」が考えられる。SNSの運用担当を社内から発掘するとしたら、重要なスキルはどのようなものか。4社のSNS運用担当者に考えを聞いた。

どのような人がSNS運用に向いていると思いますか?

三陽工業
運用しているアカウントの種類
Facebook、Instagram、TikTok、X、YouTube

運営部門(人数)
広報(1人)

SNS担当者を選抜する際、デジタルネイティブであるZ世代を選びたくなりますが、若ければいいというわけではないと考えています。SNSを担当するには「継続力」「研究心」「危機管理能力」が必要不可欠だからです。企業アカウントでは、個人のSNSのように好きな時に好きなことを投稿するというわけにはいかず「成果」を出さなければなりません。つまり、SNS運用を仕事として捉えることができる人が適任だと考えます。

SNSではすぐに成果につながることは難しく、未来の成果のために試行錯誤し継続することが大切です。…

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

SNS活用 知っておきたい10のこと の記事一覧

広報でのSNS活用目的が広がる現在 若年層の利用実態と価値観に迫る
好感を抱く企業アカウントの投稿とは? 大学生4人に聞いた、SNSの使い方
SNSで「偽情報」が拡散 その時、広報担当者が取るべき行動とは?
世界で広がるフェイク情報の被害 対策の現在地と企業にできること
「フライパンをご提供いただけませんか」 味の素冷凍食品のあの返信の裏側に迫る
X起点の協働などリアル施策に発展 「アイラップ」売上が4倍に伸長
「のりふみ」の愛称が定着、紀文のX ユーザー一人ひとりと会話しバズを生む
BtoB業態は「いかに社員を巻き込むか」 木村鋳造所、ネタ提供の仕組みづくり
「中の人」との情報共有が継続の秘訣 地域密着型の老舗企業・金津屋のX戦略
コクヨ、就活Tipsなど学生目線の投稿で就職先としての認知向上を
ヤンマーのTikTok、エンタメ路線を強化 Z世代認知を広げる突破口となった投稿とは?
「本当に企業公式?」攻めた投稿で再生数増、「どろソース」の認知拡大図る
キャラ際立つ面白投稿が続々、デュオリンゴ アイデアが尽きない運用の舞台裏
海外メディアにLinkedInでアプローチ 焼酎の魅力を広げる、濵田酒造
企業の運営担当者に聞く SNS担当に向いている人とは?(この記事です)
ひとりの専任担当か複数人か? 企業SNSアカウントの運用体制
炎上の最新傾向と対策 「有事の広報対応」「働き方の発信」に注意
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する