日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

担当者が語るIRの現場

英文IRサイトを充実させ 外国人投資家の認知向上

松原玲子(SWCC 経営戦略部 IRグループ 課長)

従来の定型的な情報開示に留まらず、多様な方法で株主や投資家、アナリストに社の魅力を伝えようと試みる、IR実務担当者が登場します。

2023年、当社は昭和電線ホールディングスからSWCCへと社名を変更しました。当社グループは昭和の時代から電力と通信インフラを支えてきた総合電線メーカーであり、昨今のインフラの老朽化、環境汚染、少子高齢化等の社会課題を解決する3つの基盤ビジネスから成り立っています。2019年に導入したROIC経営のもと構造改革を進めており、財務体質の改善と収益力の向上が顕著なBtoB企業です。

IR活動については私がIRの専任となった2022年当初、機関投資家からの認知度が低いこと、特に海外の投資家...

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

担当者が語るIRの現場 の記事一覧

英文IRサイトを充実させ 外国人投資家の認知向上(この記事です)
説明資料の大幅拡充により 面談時の対話の質を向上
サイト改善と英文開示充実 2つのテーマでIRを推進
店舗での株主MTGで株主との対話の機会を創出
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する