日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

社内コミュニケーション 多様性ある組織で一体感を高める方法

その社内向け施策、本当に社員に響いてる?ストーリー系コンテンツの可能性に注目

小野真由美(グラスルーツ 代表取締役)

社内コミュニケーションの重要性を感じているものの、「社内報が閲覧されていない」「行動変容につながらない」などの悩みを抱える企業は多い。そうした場合に備え、共感を生み出すアプローチや、エンゲージメントを育みやすいコンテンツとは何か、について再点検しておきたい。

ここ数年、4月になるとTikTokで踊っている新入社員の姿を目にします。それと同時に、XなどのSNSでは、命令で踊らせるのはいかがなものかなどの批判の声も上がっています。また、全社総会や新入社員を対象とした社内イベントで、理念や目標を伝えたいあまり、経営層からの一方的なスピーチ(しかも原稿を読むような)に終始しているようなケースはないでしょうか。

本稿では、目的に照らし合わせて、行動変容につながる施策に進化させるにはどうしたらいいかについて考えていきます。インターナルコミュニケーション(以下、IC)には、タウンホールミーティングなどのリアル&オンラインコミュニケーションと、社内報等の媒体を使ったメディアコミュニケーションがありますが、ここでは、すぐに取り組みやすい媒体を使ったコミュニケーションを例に挙げていきます。

目的は「伝える」ことではない

社内報では、社内イベントや新商品を紹介するなどの「○○紹介」といったコンテンツをよく見かけます。しかし、この「○○紹介」型のコンテンツだと、一方的な伝達なのでエンゲージメントやモチベーションへのインパクトが出しにくく、限界もあります。にもかかわらず、社内報のコンテンツはなぜ「○○紹介」になりがちなのでしょうか。

それは、「何のために」伝えるのかの視点が抜け落ちているからだと考えられます。広報担当者が社内報を使って「報じよう」「伝達しよう」と熱心に制作しても、伝えた先の読み手にどのようになってほしいのか、を見据えていないとコンテンツは機能しないのです。ICの場合、「何のため?」の答えは、「社員の気持ちを狙い通り変化させるため」であると私は考えています。言い換えると、社員のマインドをより良い方向へ変化させるためにICの企画やコンテンツがあるという考え方です。

しかし、ここで疑問が湧いてきます。「社員」とは社員全員を意味するのでしょうか?これは、ICの施策をどう捉えるかによって判断が変わります。社内報コンテンツの役割を「広く伝達し認知を高めること」と捉えるなら全員でも良いのでしょうが、「社員のマインドを変化させることで課題を解決する」ことがゴールと捉えるなら、コンテンツのターゲットは絞るべきです。どんなマインドの人たちに読んでほしいのか、コンテンツを読んだらどう気持ちが変わってほしいのかを...

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

社内コミュニケーション 多様性ある組織で一体感を高める方法 の記事一覧

なぜ今、社内コミュニケーションが重要か「理念浸透」が多様性ある組織に一本軸を通す
その社内向け施策、本当に社員に響いてる?ストーリー系コンテンツの可能性に注目(この記事です)
エンゲージメント調査を活用し対話の場の構築を 広報部門は「部門間の橋渡し・翻訳機能」を担う
組織の「心理的安全性」の向上に効果的な社内コミュニケーション施策
ユニーク入社式実施企業に聞く 社員が自発的に参画したくなる仕組みづくり
エバラ食品工業の「社内ラジオ」予定調和なしのリアルさで関心喚起
パーパスが実現した未来をジオラマで表現 カオナビのボトムアップ型プロジェクト
社員に寄り添うトップメッセージを部内で企画 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の動画社内報
2024年度新入社員がCMを制作 チームでの挑戦により仲間意識を醸成
従業員向けクーポン配布を登録のフックに LINE社内報「ひざつきジャーナル」
1日出社イベントで部署内外の交流活性化 昼開催で時短社員含め誰もが参加しやすく
グループ2社横断型の「組織一体化プロジェクト」サンプル配布で「思い」伝え社内ファン醸成
課題別に情報の切り口を変える!社内報のコンテンツ・アイデア集
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する