日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

オフィスに見る企業のコミュニケーション戦略

New Innovations オフィスの移転統合で床面積が10倍に 事業・製品の効率的な開発を

New Innovations

リアルの価値が再認識される中、オフィスは企業にとってコミュニケーションツールとしての存在感を高めている。その戦略に迫った。

New Innovationsは2023年12月、本社オフィスと開発拠点を「メブクス豊洲」に移転統合した。床面積が10倍となった新拠点のもと、研究開発・製造体制の強化を図っていく。

同社は、完全無人・非接触で受け取ることができるスマートコーヒースタンド「root C」を中心に事業を展開。AIなどのコア技術と、スピーディーで柔軟な開発体制を強みとする。

ただこうした開発体制には、開発・製造部門の密な連携が欠かせない。しかし従来のオフィスでは、開発・ビジネス・製造と各部門が別フロアにわかれ、常態的なコミュニケーションに一定の課題があった。

そこで新オフィスでは、ビジネスから開発、量産チームをワンフロアに統合。商材ごとに...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

オフィスに見る企業のコミュニケーション戦略 の記事一覧

New Innovations オフィスの移転統合で床面積が10倍に 事業・製品の効率的な開発を(この記事です)
こだわりの「おもてなし」空間で生まれる信頼関係と新しいアイデア
流行発信地「原宿」に新本社設立「二本社体制」で食の革新を推進
従業員も取引先も「訪れたくなる」創造と活力引き出す仕掛けが満載

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する