日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

企業広告のその後

難しいテーマを明るく表現 技術力訴求で「優秀賞」獲得

西松建設

様々なステークホルダーへの影響を生み出し、社員を鼓舞する企業広告。その後の反響や効果はどのようなものなのか。

DATA
社員数 2794名(2022年3月末現在)
出稿先 日本経済新聞、日経産業新聞、日刊工業新聞、日刊建設工業新聞、建設通信新聞
広告運用体制 広報部3名

作業服姿の笑顔の女性が宙に浮いているビジュアルと「トンネル工事も、リモートワークへ」というコピーで関心を引き寄せるこの広告は、BtoBゼネコン大手の西松建設が出稿したもの。同社は、これまで会社として広報・宣伝活動にあまり積極的ではなかったこともあり、企業認知度についても「約半数の一般個人が社名も聞いたことがない」(「2021日経企業イメージ調査」による)という結果が出ていた。

社名や事業内容を知らない企業だと、顧客はもちろん、就職活動でも選んでもらうことは難しい。認知度と好感度の獲得は喫緊の課題だった。そのような背景から、費用対効果の高い新聞広告を出稿するに至ったそう。

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業広告のその後 の記事一覧

難しいテーマを明るく表現 技術力訴求で「優秀賞」獲得(この記事です)
「自社らしさ」で社内のエンゲージメントを獲得(TDCソフト)
これまでにないDXに挑み、豊かさを実現(トプコン)
SDGsを自分ごと化する企業コミュニケーション(UACJ)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する