日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広告企画

ESG情報を発信する「オウンドメディア」構築 ステークホルダーとの関係構築強化の起点に

スマートメディア

企業のESG情報の発信は、投資家や生活者がブランドを選ぶうえで重要な要素になっている。その発信強化を支援するのが、ESGオウンドメディアの構築・運用を行うスマートメディアだ。オウンドメディアを通じてどのようなことが実現できるのか。

図 ESG情報をオウンドメディアで発信
株主、消費者、社員、求職者と様々なステークホルダーに向けESG情報を発信し、エンゲージメントを高めることができる「Ownd for ESG」。画像は、同サービスを導入している伊藤忠商事のオウンドメディア「EQUALLY BEAUTIFUL」。サステナブルな暮らしやファッションなどを切り口に、環境配慮素材などについての理解を深められるコンテンツを発信する。

「自社のESG関連情報をもっと発信したいが、なかなかニュースに取り上げてもらえない」「時事性がないのでプレスリリースがつくりにくい」「サステナビリティレポートやコーポレートサイトで情報開示はしているものの、タイムリーさに欠け、コンテンツが点在してしまっている」。そんな広報担当者の課題にこたえ、オウンドメディアを通じてESGに関連する記事をステークホルダーに適切に発信していくサービスがある。それが、スマートメディアが提供する「Ownd for ESG」だ。

リリースに転用、SNS広告も

これまで700サイト以上のオウンドメディアを構築、成長させてきたスマートメディア。ウェブマガジンを運営するメディア企業でもあるため、プロ編集者の視点から、読み手の関心を引く親しみやすいESG情報の切り口を企業に提案している。

メディア統括ディレクターの松本博幸氏は「統合報告書を作成するのはハードルが高いと感じている企業も、オウンドメディアでの発信なら導入しやすく効率もいい。オウンドメディアで記事化すれば、原稿や撮影した画像をプレスリリースに活用でき、記事をSNS広告で拡散することもできます。オウンドメディアでの発信が、ニュースでの引用や取材につながるケースもあります」と話す。

ESGコンサルや体制づくりも

「Ownd for ESG」では、まず、企業が抱えているESG関連の課題や情報開示の現状、競合と比較し不足しているコンテンツを洗い出し、どのステークホルダーにどんな情報を正しく伝えていきたいか、戦略を設計するところから始める。投資家向けの情報開示を検討している企業向けには、ESGコンサルティングも提供している。

また記事制作においては、同社が開発したCMS「クリップキット」を使用。特別なスキルは不要だ。社内に部門横断で編集チームを組織し、ESG関連記事の作成を通じて社内コミュニケーションを活性化する支援もしている。

「オウンドメディアの作成は、社内に散らばっている情報を取りまとめ、部門間の相互理解を促進します」と松本氏。海外にも情報発信したい場合には、32言語に機械翻訳する機能も付けられる。「記事のPV数が伸びれば、読み手と共に商品開発の座談会を行う、読者コミュニティをつくってマネタイズするなど、目的に応じて発展させられるのがオウンドメディア。ESG発信を起点に、ステークホルダーとの関係構築の強化に取り組んでみてほしいです」。

スマートメディア
メディア統括ディレクター
松本博幸氏

    お問い合わせ

    株式会社スマートメディア
    http://sma-media.com
    〒107-0062 東京都港区南青山1-24-3 WeWork 乃木坂
    TEL:03-6450-5477

広告企画 の記事一覧

ESG情報を発信する「オウンドメディア」構築 ステークホルダーとの関係構築強化の起点に(この記事です)
PRパーソンの受賞増 「販促コンペ」、人が動く仕掛けの立案が広報の必須スキルに
記事化率75%のリリース配信サービス、年2回のメディアリスト更新で確度高く
知花くららが取材「100年前からクロコのように社会を支える」SDGs先進企業
感謝を贈り合う、アドビの「従業員エンゲージメント」向上施策
従業員エンゲージメント急上昇 「動画」活用の社内報コンテンツ
「企業ブランドを体現する人」を描く、ブランド実感ドキュメンタリーとは
共感が高まるメッセージを多言語で設計するには?
効果の高い広報事例が分かる「プレスリリースアワード」受賞作発表
オウンドメディア改善の要諦 客観的な評価でサイトの質を保とう
社員の想いを引き出す!ブランディングメソッドとは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する