日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

記事化につながるSDGs「プレスリリース」戦略

自然エネルギー100%大学目指し達成状況を伝えるリリース

千葉商科大学

商業道徳の涵養と社会に役立つ実学教育を建学の礎とする千葉商科大学。その精神はSDGsとの親和性も高い。脱炭素に向け継続的に取り組み、定期的に進捗状況を知らせることで、理解促進につなげている。

状況がひと目で伝わる
2022年2月に配信した、自然エネルギー100%大学に向けた達成状況を報告するリリース。

脱炭素社会の実現に向けた取り組みは、長期視点の活動となる。その認知・理解を促すには、当然ながら継続的な発信が欠かせない。一方でメディア側は、新しい情報や今必要な情報を伝えたいと考えている。どのようにして長期視点の取り組みに関心を持ってもらえばいいのか。継続した発信の機会をつくり出し、活動を知ってもらうためのヒントとなるのが、「達成状況」を伝えるリリースだ。「自然エネルギー100%大学」を打ち出す千葉商科大学では、年間の達成状況と、直近の取り組みについて年表でまとめたリリースを配信している。

数字と年表で伝える

同大学で推進するのは、電気とガスを含めた「キャンパスの総エネルギー消費量」に相当する、「再生可能エネルギーの発電」や「省エネ活動」だ。2017年に「自然エネルギー100%大学」にすることを宣言。2019年に「消費電力に関する100%」を達成。現在はさらなる環境目標として「消費エネルギーに関する100%」を掲げる。

2021年度の進捗を発表したリリースでは、自然エネルギー率が...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

記事化につながるSDGs「プレスリリース」戦略 の記事一覧

自然エネルギー100%大学目指し達成状況を伝えるリリース(この記事です)
カーボンニュートラルなコーヒー 背景にある技術・官民連携を発信、UCC
環境ビジョンと日本初の具体策を同時に示す、東急のプレスリリース戦略
社会課題の解決につながる取り組みのリリース 記者の注目を高める方法は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する