日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

記事化につながるSDGs「プレスリリース」戦略

環境ビジョンと日本初の具体策を同時に示す、東急のプレスリリース戦略

東急

RE100に加盟し、環境と調和するまちづくりを進める東急。生活者に身近な鉄道事業において、日本初の事例を発信し、「脱炭素・循環型社会」を重視する経営姿勢を印象づける。

ビジョン+初事例を同時配信
2022年3月28日に発表した3つの環境系リリース。配信後、脱炭素社会の実現に向け、全国の鉄道会社で初めての取り組みがなされていることがメディアで報じられた。

環境ビジョンを策定し、自社の方針を社外に示すことは、脱炭素社会の実現に向けた大きな一歩となる。だが、ビジョンよりも、それに紐づく具体事例があったほうが、ステークホルダーの納得感が高まることは明らかだ。画になる施策があれば、メディアもより取り上げやすくなる。

タイミング計り、関心を最大化

2022年3月28日、東急は環境系のリリースを3本同時に配信した。

ひとつ目は環境ビジョン策定の公表。2つ目は、日本初の事例の発表。環境ビジョンの具体策として、全路線の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

記事化につながるSDGs「プレスリリース」戦略 の記事一覧

自然エネルギー100%大学目指し達成状況を伝えるリリース
カーボンニュートラルなコーヒー 背景にある技術・官民連携を発信、UCC
環境ビジョンと日本初の具体策を同時に示す、東急のプレスリリース戦略(この記事です)
社会課題の解決につながる取り組みのリリース 記者の注目を高める方法は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する