日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広告企画

記事化率75%のリリース配信サービス、年2回のメディアリスト更新で確度高く

共同通信PRワイヤー

最適なメディア露出を獲得するのに欠かせないのが、メディアリストの整備やタイミングの良い情報配信だ。高いメディアリーチ力で、それらをサポートするのが、国内外へのリリース配信を代行する共同通信PRワイヤーだ。

登録情報に変更はありませんか?共同通信PRワイヤーが配信するリリースを受信する記者のもとには、年2回、連絡先や受け取りたい情報カテゴリを確認する連絡が入る。異動の多いメディア関係者一人ひとりに確認をとってリストを整備するのは大変な手間がかかるが、同社では全登録メディアに受信確認を行いアクティブな媒体リストとして更新。高い記事化率につなげている。

2021年12月に共同通信PRワイヤーでリリースを配信した272社の調査では、75.4%が紙・ウェブ媒体で書き起こしの記事が掲載されていた(リリース転載は除外)。

「コロナ禍でリアルな取材活動がしにくく、メディアからリリースへの期待が高まっています。また『こんなネタを探している』とメディアから広報担当者にリクエストを通知する機能も活用されています」。こう話すのは、企業・団体にリリース配信のノウハウを提供する、営業部の西林祐美氏だ。

「当社は共同通信社を母体とし、メディアの動向や記者の生の声をもとに、リリース配信の提案をしています。海外への配信では、英文記事に精通した記者が内容をチェックするステップを踏むので、英文リリースのクオリティもブラッシュアップできます」。

メディアの関心に沿った配信

配信の仕方は簡単だ。リリース原稿をシステム上で登録し、配信先リストを選べば、プレスサイト、メール、FAXを通じてメディアに情報が届く。さらに一般公開用のリリースサイトに掲載し提携ニュースサイトなどにも転載できる。「例えば新商品発表にあたり、記者発表会への誘致はメディア限定で配信し、後日一般向けに商品と発売概要を発表する、といった書き分けもできます。よりメディアが取り上げやすくなる工夫です」。

配信先リストは、テーマ・ジャンル・エリアで159カテゴリに分類。記者の部署名も開示している。1配信あたり上限10カテゴリまで選択し、約1500件の配信が可能。配信を避けたい媒体の指定や自社リストの追加もできる。

「5年前の調査と比較し記事化率が高まっているのは、環境・CSR・社会貢献活動のカテゴリ(図1)。コロナ禍で登録メディアも増えました。新サービスなどのマーケティング要素の強い発表と並行して、社会性の高い内容を発表することで、企業ブランドや認知度の向上、類似サービスとの差異化にもつながっています」。

図1 記事化されたテーマランキング
*共同通信PRワイヤー「記事化率調査」
調査対象:2021年12月に共同通信PRワイヤーで配信された272社のプレスリリース532本


図2 リリース配信のステップ
共同通信PRワイヤーではメディア限定情報と一般向け情報の時差配信が可能。オプションとしてリリースをTwitter広告で配信もできる。公式アカウントを自社で運用していない企業も、リリース情報を拡散できると好評だ。



    お問い合わせ

    株式会社共同通信PRワイヤー 営業部
    https://kyodonewsprwire.jp/corp/
    〒105-7208 東京都港区東新橋1-7-1汐留メディアタワー
    TEL:03-6252-6040
    prw@kyodonews.jp

サービスの詳細はこちらから

広告企画 の記事一覧

PRパーソンの受賞増 「販促コンペ」、人が動く仕掛けの立案が広報の必須スキルに
記事化率75%のリリース配信サービス、年2回のメディアリスト更新で確度高く(この記事です)
知花くららが取材「100年前からクロコのように社会を支える」SDGs先進企業
感謝を贈り合う、アドビの「従業員エンゲージメント」向上施策
従業員エンゲージメント急上昇 「動画」活用の社内報コンテンツ
「企業ブランドを体現する人」を描く、ブランド実感ドキュメンタリーとは
共感が高まるメッセージを多言語で設計するには?
効果の高い広報事例が分かる「プレスリリースアワード」受賞作発表
オウンドメディア改善の要諦 客観的な評価でサイトの質を保とう
社員の想いを引き出す!ブランディングメソッドとは
『つたえる、つながる、シェアする』動画社内報でエンゲージメント向上
企業情報の充実化でコロナ禍でも確かなCVにつながるサイトに

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する