日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

元ディレクターが直撃取材!テレビ番組制作者の本音

『おはよう日本』が伝える経済の動き、出勤前サクサク伝わる情報に

下矢一良(PR戦略コンサルタント・合同会社ストーリーマネジメント代表)

テレビ東京出身で経済番組のディレクターを務めていた筆者が、実際に人気番組の制作者にインタビューしメディア対応の極意を聞き出します。

『おはよう日本』

NHKで1993年から生放送されている朝のニュース番組。時間は、月曜~金曜 午前5時から8時、土曜 午前6時から8時、日曜 午前7時から7時45分。いずれも総合。「おはBiz」は、6時半ごろから約10分間、気になるビジネスニュースの背景、経済の動きを専門キャスターが解説する。

(左から)経済部デスク兼、月火水のキャスターを担当する布施谷博人氏、チーフ・プロデューサーを務める菊池賢一郎氏

最新のニュースを届け続けている、NHK『おはよう日本』。3時間にわたる番組のなかで、経済に焦点を当てているコーナーが、「おはBiz」だ。6時半を少し過ぎたころから約10分間、経済ニュースを伝える。

日経平均株価、ダウ平均株価、ナスダック総合指数、WTI原油先物といった主要な経済指標の放送に加え、各々約1分の厳選した経済ニュースを3、4項目、そして5分程度の特集が加わる構成になっている。

今回は、経済部デスクとして取材やニュースのピックアップに当たるだけではなく、月・火・水のキャスターも担当する、布施谷博人氏。そして、経済番組統括のチーフ・プロデューサー(CP)を務める菊池賢一郎氏に、「コーナーのコンセプト」「経済ニュースの選び方」などを聞いた。

世代を問わない“分かりやすさ”

「NHKのニュースは、若い人から高齢者まで全員に“分かりやすい”ことが重要です。それに加えて、出勤前のビジネスパーソンに、あるいは暮らしに役に立つ。そういう情報を心がけて構成しています」(布施谷キャスター)。

「『経済をサクサク深く』が、コーナーが始まって以来のコンセプトです。出勤前にコンパクトに短時間で経済ニュースを押さえてもらう。『深く』というのは表面的ではなく、キャスターがニュースの背景や意味合いまで考え、伝えるということです」(菊池CP)。

経済を“サクサク”伝えるには、ひとつのニュースを考え抜き、「伝える言葉」も研ぎ澄ます必要があると布施谷キャスター。

「短く、サクサク伝えるには、言葉を削いでいかなくてはなりません。おのずと、大事なワンポイントに絞り込んで伝えることになります。『詳しくは、後の7時のニュースを...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

元ディレクターが直撃取材!テレビ番組制作者の本音 の記事一覧

『おはよう日本』が伝える経済の動き、出勤前サクサク伝わる情報に(この記事です)
広く、浅いリリースでは伝わらない!『スーパーJチャンネル』Pに聞く「生活者目線」
『王様のブランチ』Pに聞く!求めるのは刺激ではなく自然な面白さ
『グッド!モーニング』が目指す、会話が生まれるニュース
『news23』チーフPに聞く!大幅リニューアルの裏側
『Newsイット!』CPに聞いた!扱うボリュームが増える広報のコツとは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する