日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

地域活性のプロが指南

まちの魅力をどう編集しアップデートしていくか?

狩野哲也

「住民参加型のプロジェクト」を発信していくにあたり、住民が記事づくりにかかわると、住民同士がつながり、まちづくりのプレイヤーになっていきます。そんな「まちのファンをつくる」方法を解説します。

「いずみ市民大学」大阪府和泉市
まちづくり活動を担う人材育成を目的として2016年度に開講された大阪府和泉市主催の「いずみ市民大学」。著者の狩野氏とともに、市民大学のメンバーが、和泉市で気に入っている場所、人、モノを取り上げ、冊子「和泉帖」にまとめ上げた。

日本にiPhoneが登場してから、SNSを通じて情報発信するためのレポーター育成講座が自治体でじわじわと増えました。今回は自治体が運営している「市民ライター育成講座」の変化などを解説しながら、まちの魅力を市民たち自身が発信することについて考えていきます。

コンテンツよりもコミュニティ

私は水都大阪のコアメンバー向けの勉強会に呼ばれお話しして以降、寝屋川市や茨木市、和泉市などの大阪府下の市役所や、商店街、文化施設の情報発信にまつわるレクチャーなどを引き受けてきました。また、NPOや企業などからの依頼でもジャンルや対象者は違うものの、「知らない人にどうやって自分たちの活動の魅力を伝えるか」が趣旨の情報発信講座を開く機会が増えました。

例えば和泉市主催のいずみ市民大学では、市民がまちの気になっている人や場所を取材し、記事にした情報を私が編集し、冊子「和泉帖」を制作しました。講座では3人以上のチームをつくり、撮影する人、記事を書く人、インタビューする人に分かれてもらいました。チームはシニア世代と若い世代を混合にしたことで、年配の方が自分のスマホにカメラ機能がついていることを若い人に教わるなどの場面もありました。

核家族や転入者も多い地域で子育て世代とシニア世代が自然に出会うことは難しいという課題があります。だからこそ数回ほどの講座では、文章や写真のクオリティには力を入れず、チームが協力しあって記事をつくるプロセスを大事にしました。非公開のFacebookグループページで情報をやりとりした結果、参加者同士が講座以外の時間でも仲良くなり、メンバーがイベントを立ち上げるなど良い状況が生まれました。

こういった混合チームを広げることが「まちのファンをつくる」ことにつながると考えています。

ウェブのコミュニティデザイン

2020年7月に発売した拙著『まちのファンをつくる 自治体ウェブ発信テキスト』の中では、そんなレポーターチームの好例として兵庫県尼崎市の「尼ノ物書キ組」、奈良県生駒市の「いこまち宣伝部」、愛媛県西条市の「LOVE SAIJOファンクラブ」、静岡県富士宮市の「ふじのみやハハラッチ」について取り上げています。ハハラッチはお母さんのネットワークづくり...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域活性のプロが指南 の記事一覧

まちの魅力をどう編集しアップデートしていくか?(この記事です)
テクノロジーと広報の力 教育や地域活性の裾野を広げる
移住検討者と住民、職員との関係づくりをアップデートする
自治体広報を取り巻く状況はコロナ禍でどう変化したのか?
子どもの尊厳と権利を踏まえた 広報におけるデザインの展望
福岡市・里親普及にみる広報デザインの可能性

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する