日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方

トピー工業100周年、事業の垣根を越えたチーム編成で未来への進化を提示

トピー工業

社史や理念、事業の意義を見直す機会となる周年をどのように迎えるか。長寿企業から学びます。

2021年10月1日に創立100周年を迎えたトピー工業。「鉄をつくり、鉄をこなす」高い技術力と「素材から製品までの一貫生産体制」を強みに、鉄鋼、自動車・産業機械部品、合成マイカやロボットなど、様々な事業分野において社会と人々の快適で豊かな暮らしに貢献してきた。

100周年を記念した特設ウェブサイトは、対外的な認知度向上はもちろん、社員が見ても楽しむことができてエンゲージメントが高まるような構成を意識。6秒動画『トピーのセカイ』には多くの社員が登場する。

感謝と継続、進化を意識

100周年記念事業のスローガンは「次を造りつづけよう、トピー100年スピリット」。2018年10月に100周年事業推進プロジェクトを発足させ、社会における「知名度向上」と「企業ブランド強化」、そして社内での「事業理解」と「エンゲージメント向上」を目的に施策を検討していった。

「当社は事業分野が多岐にわたり事業理解が深まりにくく、社会への貢献度がなかなか見えづらいことによる社員満足度の低下が課題でした」と事務局を務めた総務部 広報・IR室長の髙木直也氏。

次の100年に向けた素地をつくるべく大切にしたのは、“感謝”と“継続”、そして“進化”。「過去から未来へのつながりはもちろん、100年の成長を支えてくれた多様なステークホルダーに感謝しながら、社員同士のつながりや未来への進化を感じられる施策に取り組みました」。

プロジェクトメンバーは30代を中心に、幅広い部署から偏りなく選出。コロナ禍のため打ち合わせはオンラインを活用して密に連絡を取り合い、社内での撮影には異なる部署のメンバーが立ち会うようにするなど、現場の垣根を越えたコミュニケーションを心掛けたという。

その思いは、100周年記念のロゴマークやウェブサイトにも反映されている。100周年の「0」は強さと結束力をイメージしたハニカム構造のような六角形で形づくられ、未来へ続く無限大の記号を示す。その隣には「未来へ突き進んでいこう」という気持ちを表すトピー工業の製品で構成された矢印が並ぶ。

「ロゴマークは社内報を通じて全社員に投票を呼びかけ、5案の中から決めました。周年イヤーの2022年9月末まで、本社の最寄駅であるJR大崎駅の電飾看板広告でロゴを掲示しています」。

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方 の記事一覧

トピー工業100周年、事業の垣根を越えたチーム編成で未来への進化を提示(この記事です)
コロナ禍の周年事業だからこそ企業の『未来』が見える
100周年を迎えた飛騨の匠 リブランディングを実施
ミキハウス、50周年を機にSDGs発信を強化
ファミマの周年、「40のいいこと!?」をテーマに自走するプロジェクトへ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する