日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ニュースバリューの高い広報

コロナ自粛でブームとなった家庭菜園通じて 『自産自消』のライフスタイルを提案

タキイ種苗

創業187年の歴史を持つタキイ種苗(しゅびょう)は、若年層を対象に新ブランドを立ち上げた。新ブランドの世界観をより忠実に、という理由から、発信でも広報はあえてサポート役に徹したというが、どういうことだろうか。話を聞いた。

プレスリリースのメインカットにも使われているクリエイティブ。ブランドの世界観が一目で分かる。

<キーワード>
#自産自消 #家庭菜園 #新ブランド #D2C

創業187年の老舗企業・タキイ種創苗。同社は、2021年10月にD2Cブランド「UETE(ウエテ)」を立ち上げた。申し込むと、種や土、そして麻、不織布でできたプランターなどが一式送られる。本ブランドの特徴はプランターの材質からも分かる通り、都心の小さなスペースでも始められる点だ。コロナ禍でライフスタイルが変化する中、家庭菜園に注目が集まる。このトレンドを捉え、これまでの主な顧客層であったシニアから、若年層への拡大を狙ったのが、「UETE」なのだ。

スターターキット一式。プランターの代わりに環境負荷の少ない麻袋など、ターゲットの共感を得られるアイテムを使用している。

世界観を意識したブランド

家庭菜園はシニアの趣味カテゴリーに属している。しかし、昨今のコロナの影響で在宅時間が増え、癒しを求めて植物への関心も高まり、欧米を中心に海外では家庭菜園がブームに。さらに、若者世代からは「自産自消」がサステナブルなカルチャーとして支持されている今こそ、彼らに家庭菜園のある暮らしを提案しようと考えた──。そう語るのは、同社通販部の高見太郎氏と井上菜里子氏だ。

本片手にノウハウ学ぶ

ブランドのリリースまでは約1年の時間を費やし、立ち上げ当初からブランドマーケティングを支援するFICCに協業を依頼。ノウハウのないロードマップ策定やクリエイティブ制作をはじめ、商品開発、プレスリリース配信まで二人三脚で進めてきた。さらに、社内の別部署に所属する若手社員も巻き込みながら毎週議論を重ねて、ようやく企画を実現させたという。

これまでシニアを対象としたサービスは種苗をカタログから購入してもらう通販が主。若年層を対象に、ECサイトで販売する、いわゆる「D2Cビジネス」は初の試みだった。そのため...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ニュースバリューの高い広報 の記事一覧

JAL「2地域居住」を発信 アフターコロナ見据え自治体と連携
臨機応変な対応が求められた 牛乳消費拡大キャンペーンの広報対応
コロナ自粛でブームとなった家庭菜園通じて 『自産自消』のライフスタイルを提案(この記事です)
『めがねのまち』鯖江から生まれたマスク、賛同者を増やす口コミ的広報とは?
自動車部品メーカーの「昆虫食」への新規参入 その狙いとは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する