日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

IRの学校

IRってなにをする仕事?役割は?【後編】

大森慎一(バンカーズ)

イラスト/もとき理川


大森:皆さん、こんばんは。

株谷上場財部:こんばんは、今日もよろしくお願いします。

大森:さて、何か質問はありますか?

財部:前回「株価が上がると企業はうれしい」と話しましたよね。だけど、IR担当は一喜一憂することなく、淡々と開示を続けることが重要ですよね?

上場:それに、株価上昇を意識しすぎると、投資家というより、金儲けでしか株式投資を考えられない人というか⋯⋯、そういう方にしか届かないような⋯⋯。

株谷:そうですね。IRでは良い情報も良くない情報も開示する必要がありますからね。

大森:みんなの言うことはよく分かるよ。確かに、株価上昇に目を奪われるのはよくないね。

株谷:ただ、現実としては、「株価を上げる情報はないか」などと上司に言われたり、一般株主から「早く材料を提供しろ」などと言われます⋯⋯。

大森:そういう現実もあるよね。じゃあ、少し、IRのお仕事を整理してみようか。そうだな⋯⋯投資家や株主に対する役割として説明すると、どんな仕事かな?

財部:情報提供です。

大森:杏奈さんはどう?

上場:IRでは投資判断に影響を及ぼす可能性のある情報を提供しています。ん~、でもこの後の説明が難しいですね。

大森:じゃあちょっと寄り道して考えようか。「仕事」とは何でしょうか?物理というか理科の世界の定義で答えてね。

上場:えっ、突然、理科!?

「IRの仕事」って?

株谷:確か、「物体にかかる力と動いた距離の掛け算」ですよね。

大森:おお、正解!ここで、大切なのはかかる力の方向に動いた距離だけカウントされる、ということ。我々の仕事も同じで、狙った方向に達成した量が仕事の量、ということだね。だから、指示した方向、狙った方向、目的が重要ということだね。

というわけで、「IRの仕事」について、様々な言い方をしてみようか。例えば、株式投資にかかる情報を提供することによって、❶株式を買ってくれる人をつくる ❷株式を換金するチャンスをつくる ❸会社の株主を増やす ❹株主を会社のファンにする ❺自分の会社にふさわしい株主を増やす、などかな。

上場:なるほど、いろんな言い方ができるものですね。目的に注目して考えてみると、❶❷は株式の売買そのものの機会を提供する話で、❸❹❺は株主増加を目的とする話ですね。

大森:そうだね...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

IRの学校 の記事一覧

IRってなにをする仕事?役割は?【後編】(この記事です)
IRってなにをする仕事?役割は?
人的資本の開示【後編】
人的資本の開示【前編】
社外取締役の選定【後編】
社外取締役の選定〈前編〉

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する