日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

スポンサーシップ未来予想図

オーセンティシティ時代のスポンサーシップ・アクティベーション

山口志郎(流通科学大学)

社会における、より良い自社の在り方を考えるにあたり、スポーツ・スポンサーシップを、今どのように活用できるのか。今回はエンゲージメント向上の取組みに迫ります。

現代の消費者は、自分の信念や価値観に合致したものを求める傾向にあります。スポンサーシップにおいても、単純な広告露出だけでは消費者のエンゲージメントを高めにくくなっています。共感を呼び起こす本質的な活動が求められる昨今、スポンサーシップを成功させる上で“オーセンティシティ”と呼ばれる概念が注目されています。これは、先行研究*1を基にすると「組織とスポンサーの関係が消費者によって、『本物、真実、真正』であると認識される程度」と定義されます。

*1 Charlton, A. B., & Cornwell, T. B.(2019). Authenticity in horizontal marketing partnerships:A better measure of brand compatibility. Journal of Business Research, 100, 279-298.

本稿ではオーセンティシティを中核としたスポンサーシップ・エンゲージメントモデル*2を基に()、パートナーシップ契約を締結したリバプールFCとSCジョンソン社の取組みを解説します。

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

スポンサーシップ未来予想図 の記事一覧

オーセンティシティ時代のスポンサーシップ・アクティベーション(この記事です)
スポンサーフィットの効果 イベントの先にあるスポンサーへの好意的な態度形成
サポーターの経験価値向上とDXを推進するスポンサーシップ
「キングへ」アシックスが内村航平選手に送ったメッセージ
市民マラソンを活用したインターナルマーケティングの可能性
スポンサーシップからパートナーシップへ──SDGsへの貢献

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する